帯広川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
帯広川
帯広川
帯広川(鎮橋より撮影)
水系 一級水系 十勝川
種別 一級河川
延長 44 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 186 km²
水源 帯広岳帯広市芽室町
水源の標高 1,089.1 m
河口・合流先 札内川幕別町
流域 北海道十勝総合振興局管内
テンプレートを表示

帯広川(おびひろがわ)は、北海道十勝総合振興局管内を流れる十勝川水系一級河川である。

地理[編集]

北海道河西郡芽室町帯広市との境に位置する日高山脈支稜線の帯広岳(標高1,089m)に源を発し、十勝平野を芽室町と帯広市の境界付近に沿って北東に流れる。新帯広川を分けた後、帯広市中心部を東に流れ札内川合流する。帯広市内ではいくつもの橋がかかっており、市民にはなじみの深い川である。

新帯広川は、増水時の帯広市中心部の被害を防ぐための放水路で、JRの帯広貨物駅の西側で北に分け、直接十勝川に放流している。

十勝支庁舎付近より下流の蛇行していた部分は、河川改修により直線的な流路に変更されている。元の流れが旧帯広川として一部残されている。

名称の由来[編集]

帯広川が札内川に合流する直前で、幾重にも分流することから、アイヌ語で「オペ[1]」(川尻・裂け・裂けている・もの)と呼ばれており、その上部の音を採って、十勝平野の広大さにちなんだ「広」をつけ「帯広」の名称が生まれたとされる[2][3]

流域の自治体[編集]

北海道
河西郡芽室町帯広市中川郡幕別町

支流[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アイヌ語ラテン翻字: o-pere-perke-p
  2. ^ アイヌ語地名リスト オニシベ~キタ P31-40P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月19日閲覧。
  3. ^ 帯広市史 概要”. 十勝支庁. 2015年5月2日閲覧。