札内川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
札内川
Satsunai River.jpg
北愛国交流広場付近(2009年7月)
水系 一級水系 十勝川
種別 一級河川
延長 82 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 725 km²
水源 札内岳帯広市中札内村
水源の標高 1,896 m
河口・合流先 十勝川音更町/幕別町
流域 北海道十勝総合振興局管内
テンプレートを表示

札内川(さつないがわ)は、北海道十勝総合振興局管内を流れる十勝川水系一級河川である。河川名の「サツ・ナイ」とはアイヌ語で「乾いた川」[1]を意味し、冬と夏に水が消える所があるために付けられた。

札内橋にある札内川の河川標識

流路[編集]

北海道河西郡中札内村北西に位置する日高山脈札内岳付近に源を発し南東に流れる。とかちリュウタン湖を作る札内川ダムで向きを東に変える。中札内村の南札内で十勝平野に出て、扇状地を作る。十勝平野を北東へ流れ、帯広市の東の河東郡音更町中川郡幕別町の境界で十勝川に合流する。

自然[編集]

アイヌ語名がいう通り、季節的に水がまったくなくなる涸れ川(水無川)である。水がなくなるのは1月から3月の約3か月間と、7月から8月の約1か月間で、涸れる場所は南札内の扇状地。ここは上流から運ばれた砂礫が急に平野に出て堆積した場所である。隙間が多い砂礫は水を通しやすく、ふだんから川底から水が地下に浸透している。冬と夏の渇水期には全量が浸透し、地上の流れが消えてしまうのである。地下に入った水は、扇状地の端で大部分札内川に復帰する[2]

上流域は日高山脈襟裳国定公園に指定されている。河畔には北方樹木であるケショウヤナギが隔離分布している[3]

歴史[編集]

2016年8月には、流域内の集中豪雨平成26年8月豪雨)により、帯広市大正橋下流左岸の堤防が300mにわたって決壊。住宅や倉庫、ソーラー発電施設など浸水面積は50haに及んだ[4]

利水[編集]

札内川の水は、帯広市をはじめとする十勝川流域の水道の半分近くをまかなっている[5]国土交通省の行っている一級河川の水質調査において平成3、5、7~9、11、14年の7回、1位に選ばれた。

札内川ダムは、1997年12月に運用が開始された。

流域の自治体[編集]

北海道
河西郡中札内村帯広市中川郡幕別町河東郡音更町

支流[編集]

主な橋梁[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 札内川 (北海道開発局 帯広建設管理部)
  2. ^ 中尾欣太郎「ワデイ現象と化粧柳」94-95頁。
  3. ^ 中尾欣太郎「ワデイ現象と化粧柳」95頁。
  4. ^ 空撮 復興の大地 北海道建設新聞社(2017年9月28日)2017年10月4日閲覧
  5. ^ 国土交通省北海道開発局帯広開発建設部「札内川の概要」14頁、札内川懇談会の資料、2012年2月。

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]