日高山脈襟裳国定公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hidakasanmyaku-Erimo Quasi-National Park
IUCNカテゴリIb(原生自然地域
Mt KAMUI 2N.jpg
地域 日本の旗 日本 北海道
最寄り 十勝総合振興局帯広市清水町芽室町中札内村大樹町広尾町)、日高振興局日高町平取町新冠町新ひだか町浦河町様似町えりも町
座標 北緯42度43分10秒 東経142度40分58秒 / 北緯42.71944度 東経142.68278度 / 42.71944; 142.68278座標: 北緯42度43分10秒 東経142度40分58秒 / 北緯42.71944度 東経142.68278度 / 42.71944; 142.68278
面積 103,447 ha
創立日 1981年昭和56年10月1日
運営組織 北海道

日高山脈襟裳国定公園(ひだかさんみゃくえりもこくていこうえん)は、 北海道南部にある国定公園である。日高山脈を中心とした山間部と襟裳岬近辺の海岸、そしてアポイ岳から成る複合公園となっている。

1950年昭和25年)に襟裳道立公園、1958年に襟裳道立自然公園となり、1981年に国定公園に指定された[1]。面積は103,447ha [2]で、国定公園の中では最大。

自然[編集]

日高山脈は全国有数の氷河地形が見られる山脈として知られ、20もの圏谷(カール)地形が見られる。最高峰は幌尻岳の標高2,053mで、日本の地質百選に選定された「幌尻岳の七ッ沼カール」を有する。国定公園全域には急峻で険しい地形と厳しい気候故に手付かずの自然が多く、エゾシカヒグマなどの大型獣類や氷河期の落とし子ナキウサギも棲息している。

日高山脈から源を発する札内川歴舟川の河畔には北方樹木であるケショウヤナギ木が隔離分布するなど東アジア沿海州でしか見られない樹木が繁茂している。

襟裳岬近辺は海岸段丘が発達しており、海蝕による急崖が発達している。岬から東部に広がる黄金道路の沿線は古くから難所として知られてきた。

アポイ岳は国定公園特別保護地区で、「アポイ岳高山植物群落」として特別天然記念物に指定されている上に、「アポイ岳ジオパーク」にも認定されている超塩基性かんらん岩特有高山植物の宝庫である。しかし、心ない観光客らによる盗掘や登山者による踏付け、さらに外来種による駆逐などの被害も深刻であり、独自の植生分布や生態系が危機に立たされている。

脚注[編集]

  1. ^ 1981年昭和56年)10月1日指定
  2. ^ 日高山脈襟裳国定公園 北海道庁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]