ミヤマトウキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミヤマトウキ
Angelica acutiloba subsp. iwatensis 1.JPG
岩手県岩手山 2015年8月
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: シシウド属 Angelica
: トウキ A. acutiloba
亜種 : ミヤマトウキ
A. acutiloba subsp. iwatensis
学名
Angelica acutiloba (Siebold et Zucc.) Kitag. subsp. iwatensis (Kitag.) Kitag.
シノニム
  • 本文記載
和名
ミヤマトウキ(深山当帰)

ミヤマトウキ(深山当帰、学名:Angelica acutiloba subsp. iwatensis )はセリ科シシウド属多年草。栽培もされるトウキを基本種とする高山型亜種。別名、イワテトウキナンブトウキともいう。高山植物

特徴[編集]

は枝を広げ、高さは20~50cmになる。葉柄全体が鞘状に膨らみ基部は茎を抱く。は表面に光沢があり、2-3回3出複葉で、小葉は2~3裂し裂片の先端はとがり、縁には重鋸歯がある。基本種のトウキより小葉や裂片が広い。

花期は7-8月。茎頂か、分枝した先端に径10cmの複散形花序をつける。は径3mmの白色の5弁花。花序の下にある総苞片は普通無いが、あっても1個、小花序の下にある小総苞片は線形で数個ある。果実は長さ4-6mmで楕円形で、分果の背隆条は脈状、側隆条は翼状になり、油管は表面側の各背溝下に3-6個、分果が接しあう合生面に8-10個ある。

分布と生育環境[編集]

日本固有種。北海道南西部、本州中部地方以北に分布し、亜高山帯から高山帯の岩礫地や渓流沿いの岩上などに生育する。

シノニム[編集]

  • Angelica acutiloba (Siebold et Zucc.) Kitag. var. iwatensis (Kitag.) Hikino
  • Angelica iwatensis Kitag.

ギャラリー[編集]

根出葉 
若い果序 

参考文献[編集]