佐竹義輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐竹 義輔(さたけ よしすけ、1902年8月8日 - 2000年3月31日)は、日本の植物学者、佐竹氏一門の佐竹南家の第19代当主。秋田県出身。湯沢市名誉市民[1]。日本高山植物保護協会会長[2]理学博士(東京大学、論文の題は「Boehmeria japonica(日本産やぶまを屬)」)。

専門は植物分類学で、ホシクサ属の分類などを研究した。平凡社刊『日本の野生植物』など著書、共著書も多くある。

ヤエヤマヤシ (Satakentia liukiuensis) の属名など、佐竹に献名されている植物も何種かある。

略歴[編集]

佐竹南家の佐竹義雄の次男として生まれた[1]。次男であったため、はじめ早川家の養子となったが、兄の義質の急死に伴い第19代佐竹南家の当主となった。子に佐竹義惇

東京帝国大学(現:東京大学)理学部を卒業し、東京科学博物館 (現:国立科学博物館) の植物研究部長に就任[2]トウシンソウ科ホシクサ属などの研究を進め[2]ネムロホシクサなどの新種を記載した[3]。生涯に記載した種は約130種ほどある[4]

2000年3月31日、老衰のため97歳で死去[1]

著書[編集]

  • 『大日本植物誌 - ホシクサ科』(1940年、三省堂
  • 『西イリアン記―ニューギニアの自然と生活』 (1963年、広川書店)
  • 『植物の分類―基礎と方法』 (1964年、第一法規出版)
  • 『高山植物―原色・自然の手帖』 (1967年、講談社ブルーバックス)
  • 『野の花―原色・自然の手帖』 (1967年、講談社ブルーバックス)
  • 佐竹義輔(監修)『原色図解理科実験大事典〈生物編〉 (1967年、全国教育図書)
  • 佐竹義輔(編集)『日本の花』 (1972年、山と溪谷社(山溪カラーデラックス))
  • 佐竹義輔(監修)『ポケット科学図鑑1 植物』 (1977年、学習研究社)
  • 佐竹義輔・北村四郎・冨成忠夫・大井次三郎・亘理俊次『日本の野生植物 草本編 I, II, III』(1981-82年、平凡社
  • 佐竹義輔・亘理俊次原寛冨成忠夫(共編)『日本の野生植物 木本編 I, II』(1999年、平凡社
Satakeは、植物の学名命名者を示す場合に佐竹義輔を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 朝日新聞「佐竹義輔氏死去 /秋田」秋田版 2000年4月1日朝刊 27面
  2. ^ a b c 佐竹義輔、『講談社 日本人名大辞典』、講談社、コトバンク、2011年7月13日閲覧。
  3. ^ 佐竹義輔(1943)「ホシクサ属の一新種」植物分類・地理 13, 280-281
  4. ^ IPNI [1]