北村四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北村 四郎
きたむら しろう
生誕 1906年9月22日
日本の旗 日本 滋賀県大津市
死没 (2002-03-21) 2002年3月21日(満95歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 キク科植物研究
研究機関 京都大学
出身校 京都帝国大学理学部
命名者名略表記
(植物学)
Kitam.
プロジェクト:人物伝

北村 四郎(きたむら しろう、1906年9月22日 - 2002年3月21日)は、日本植物学者キク科植物研究の第一人者とされる[1]昭和天皇の植物学研究の相談役としても活躍し[2]、北村の葬儀の際には、今上天皇皇后から白いキクの花が下賜された[3]

概要[編集]

1906年に生まれる。高等学校時代にはフランス文化に関心を深めた[4]。京都帝国大学(現:京都大学)の植物学教室に進学し、小泉源一助教授に師事した。卒業論文の題目は「アザミ属の研究」であった。次いでキク科植物の分類について研究した[5]。1945年に京都大学教授に就任してからも、キク科植物分類の整理を続け、第二次世界大戦による中断を挟みながらも20年がかりでまとめた。その業績は京都大学紀要に掲載された[3]。戦時中には、有用植物の研究も行っていた[1]

また河口慧海らによるヒマラヤでの植物標本をもとに、日本人で初めてヒマラヤの植物の研究に着手した[3]。そのほかに、自らアフガニスタンパキスタンに赴き、現地の植物についての研究を進めた[3]

1950年ごろから20年以上かけて、京都大学所蔵の標本などをもとに植物図鑑の編集を始め、村田源ほかと共に『原色日本植物図鑑』全5巻を刊行した。また地域環境保全に関する調査研究にも指導的役割を果たした。

教授職を定年退職してからも大学に顔を出し、80歳近くまで研究を続けていた[6]。その蔵書と植物標本は京都大学総合博物館に収蔵されている[7]

2002年3月21日に95歳で死去[3]

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『菊』 弘文堂、1940年
  • 『菊』 平凡社、1948年
  • 『有用植物学』 朝倉書店、1952年
  • 『アフガニスタン植物誌』 京都大学、1960年
  • 『比叡山』 京都新聞社、1961年
  • 『菊(カラーブックス)』 保育社、1964年
  • 『滋賀県植物誌』 保育社、1968年
  • 『深泥池の自然と人』 京都市文化観光局、1981年
  • 『落葉』 保育社〈北村四郎選集I〉、1982年
  • 『本草の植物』 保育社〈北村四郎選集II〉、1985年
  • 『植物文化史』 保育社〈北村四郎選集III〉、1987年
  • 『花の研究史』 保育社〈北村四郎選集IV〉、1990年
  • 『植物の分布と分化』 保育社〈北村四郎選集V〉、1993年

共編著[編集]

  • 村田源共著 『原色日本植物図鑑 草本編』2巻、保育社、1961年
  • 村田源ほか共著 『原色日本植物図鑑 草本編』3巻、保育社、1964年
  • 岡本省吾共著 『原色日本樹木図鑑』 保育社、1959年
  • 刈米達夫共著 『薬用植物分類学』 広川書店、1965年
  • 吉田光邦ほか共著 『日本の文様花鳥』 淡交社、1968年
  • 村田源共著 『原色日本植物図鑑 木本編』1-2巻、保育社、1971-79。
  • 『新註校定国訳本草綱目』 共校、春陽堂、1972年
  • 『近衛予楽院花木真写』 源豊宗と解説、淡交社、1973年
  • 本田正次ほか共著 『シーボルト「フローラ ヤポニカ」解説』 講談社、1976年
  • 『草木図説木部』 編註、保育社、1977年
  • 佐竹義輔ほか、共著 『日本の野生植物 草本』1-3巻、平凡社、1982年
  • 『原色中国本草図鑑』 審校、雄渾社、1982~1986。
  • 『本草図譜総合解説』1-4巻、監修、同朋舎、1986年
Kitam.は、植物の学名命名者を示す場合に北村四郎を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

脚注[編集]

  1. ^ a b 田村道夫(1993)「北村四郎先生の米寿に寄せて」植物分類・地理 44(1) pp.1-2
  2. ^ 生物学御研究所編「那須の植物誌」1972、「伊豆須崎の植物」1980、「那須の植物誌 続編」1985、「皇居の植物」1989
  3. ^ a b c d e 村田源(2002)「北村四郎先生を偲ぶ」分類 2(2) pp.52-54
  4. ^ 正宗巌敬(1987)「北村四郎さんに呈す」植物分類・地理 38 pp.ii
  5. ^ 劉棠瑞(1987)「北村四郎博士八十高寿祝文」植物分類・地理 38 pp.iii-iv
  6. ^ 「北村四郎博士 主要業績」分類 2(2), 2002, pp.55-60
  7. ^ 京都大学総合博物館

関連項目[編集]