標本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

標本(ひょうほん)は、全体の中から取り出し観察・調査を行う一部分をいう。分野によって特定の意味を持つ場合がある。

英語: specimen鉱物生物化石などの全体(個体群体など)または一部(組織細胞など)を、繰り返し観察し、データが取得できるように保存処置を講じたものを標本と呼ぶ。しばしば必要に応じて固定染色等の処置を施し、研究目的に沿った観察に適するようにする。次の項目を参照。

英語: sample)集団や物質の中から、それを代表するものとして取り出し調査の対象とする一部分を標本という。標本を作成することをサンプリングまたは標本化と呼ぶ。