京都新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
京都新聞社から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
京都新聞

Knp logo.svg


Kyoto shimbun bldg.jpg
京都新聞社本社(京都市中京区)
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 京都新聞社
本社 〒604-8577
京都府京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239番地
代表者 大西祐資
創刊 1879年6月9日[1]
(京都商事迅報)
前身 京都商事迅報、京都新報、京都日出新聞、京都日日新聞
言語 日本語
価格 1部 朝刊150円、夕刊50円
月極 (朝夕刊セット版)4,400円
(統合版)3,400円
発行数 (朝刊)389,026部
(夕刊)150,704部
(2020年10月、日本ABC協会調べ[2]
ウェブサイト https://www.kyoto-np.co.jp/
株式会社 京都新聞社
The Kyoto Shimbun
本社所在地 日本の旗 日本
〒604-8577
京都府京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239番地
設立 1879年(商報会社として設立)
業種 情報・通信業
資本金 6億円
従業員数 437人(2014年4月時点)
主要子会社 京都新聞COM
京都新聞印刷
関係する人物 白石古京(元社長)
永島宣彦(元社長)
山内康敬(前社長)
テンプレートを表示
京都新聞販売店例・河丸販売所、京都市上京区

京都新聞(きょうとしんぶん)は、京都府滋賀県を中心に発行されている地方紙である。

概要[編集]

創刊は、1879年明治12年)6月9日[1]。「京都商事迅報」という名の経済専門紙だった。「きょうとあきないのことはやぶれ」とも読む。

社是[編集]

われらは正義を守る。われらは自由を守る。われらは真実を守る。[3]

企業理念[編集]

言論報道を基本とした総合情報活動を通して、人間性豊かな社会の発展につくす。

概略[編集]

京都市の本社に加え、大津市にも滋賀本社を置き、両府県の主読紙として定着している。準ブロック紙としての性格を持っている。朝刊夕刊京都府北部滋賀県北部は朝刊のみ)を発行し、発行部数は朝刊38万9026部、夕刊15万704部(2020年10月時点)[4]2006年4月には、新聞事業を編集・経営、事業・販売・広告、制作に3分社化する「グループ経営」に移行した[5]。新聞販売と広告営業・イベント企画などの事業は京都新聞社本社から分社化された株式会社京都新聞COM(きょうとしんぶんコム)が、新聞印刷事業は株式会社京都新聞印刷(きょうとしんぶんいんさつ)がそれぞれ行っている。

グループ経営としては2002年読売新聞読売新聞グループ本社のもとに再編・分社化を導入しているが、東京大阪西部など地域ごとの分社であり、京都新聞のように1地域の新聞発行を業務単位で分社する試みは初めてのことである。

野中広務谷垣禎一伊吹文明前原誠司などの地元選出議員が政府与党の要職についていた際には東京での取材に人員と紙面を割いた。

京都には歴史的な文化財が多く存在し、また多数の大学が設置されている特性から、歴史・文化関係の記事や大学の記事が多い。また、仏教各宗派の現状をまとめた記事や連載なども厚く、ほかの地方紙とは趣きが異なる。1面コラムのタイトルは「凡語」(ぼんご)。

天気予報欄[編集]

朝刊は1面題字広告下に京都南・京都北・滋賀南・滋賀北の当日の6-12時、12-18時、18-24時・最低気温・最高気温・明日の天気予報と大阪・神戸・奈良・東京・名古屋・福岡の当日の天気予報が、3面に京都・滋賀を含む全国主要都市の週間予報と天気図・概況が掲載されている。

夕刊は、1面右下に天気図・概況とともに京都南部・北部、滋賀南部・北部の当日18時から6時間刻みで翌々日0時までの天気予報と明日の最低気温・最高気温、大阪・神戸・奈良・福井・札幌・東京・名古屋・福岡の明日の天気、当日の京都・舞鶴・大津・彦根の最低気温、琵琶湖の水位が掲載されている。

発行エリア[編集]

京都府、滋賀県以外にも大阪府京阪本線淀屋橋天満橋枚方市樟葉の各駅と、阪急京都線高槻市駅ホワイティうめだ内の売店、三島郡島本町の一部など)や奈良県近鉄京都線高の原駅の売店)で販売されている。

なお、滋賀県ではブロック紙の中日新聞と販売エリアが重なっているが、中日新聞は彦根市など県東部を中心にシェアが高く、大津市など県西部では京都新聞のシェアが高い。2005年に純県域紙のみんなの滋賀新聞が一時期発行されたものの[6]、過去に京都新聞の系列新聞として滋賀日日新聞が存在した名残もあり、事実上滋賀県の県域紙としての位置づけもなしている[7]

歴史[編集]

  • 1879年 浜岡光哲が「商報会社」を設立。6月9日に「京都商事迅報」を創刊[1]
  • 1880年8月 京都商事迅報を「商事迅報」に改題[1]
  • 1881年 「京都新報」創刊[1]
  • 1882年8月 京都新報を「京都滋賀新報」に改題[1]、関西で初めて紙面に見出しを付ける。
  • 1884年10月 京都滋賀新報を「中外電報」に改題[5]
  • 1885年4月 中外電報の姉妹紙として「日出新聞」を発行[5]
  • 1892年9月30日 中外電報を廃刊[5]、日出新聞のみとする。
  • 1897年7月 日出新聞を「京都日出新聞」に改題[5]
  • 1912年 「京都夕刊新聞」創刊。
  • 1916年 京都夕刊新聞を「関西日日新聞」に改題。
  • 1920年 関西日日新聞を「京都日日新聞」に改題。
  • 1921年
    • 1月 京都日出新聞の発行社「合資会社京都日出新聞社」を設立[5]
    • 11月 「江州日日新聞」を創刊[5]
  • 1931年 神戸大阪時事・京都日日の3社が合併、三都合同新聞社発足。
  • 1933年 京都日日新聞社が三都合同新聞社から独立。
  • 1942年
    • 4月 戦時報道統制により、京都日日新聞と京都日出新聞を統合、「京都新聞」を創刊[5]
    • 8月 江州日日新聞を「滋賀新聞」に改題[5]
  • 1946年5月夕刊京都」創刊(1982年廃刊)。
  • 1949年 新年号紙面に戦後、関西では初のカラー印刷[要出典]。11月、戦後創刊の夕刊「京都日日新聞」を合併し「夕刊・京都新聞」として発行、朝夕刊制復活の口火を切る。
  • 1951年 京都放送が開局(ラジオ。テレビ開局は1969年)。
  • 1956年
  • 1958年 共同出資により、関西テレビ放送を開局。
  • 1979年 滋賀日日新聞を京都新聞と統合[5]。滋賀本社が設立される。
  • 1982年 多色印刷システム完成[要出典]
  • 1983年 新刷版システムに紙面移行完了、鉛版93年の歴史に幕を下ろす[要出典]
  • 1994年 神戸新聞社と「緊急事態発生時における新聞発行援助協定」を締結。1995年1月17日の阪神・淡路大震災で神戸新聞の本社屋(旧神戸新聞会館、現在のミント神戸)が全壊した際、この協定をもとに京都新聞社で神戸新聞の紙面を製作・発行した。
  • 1995年 神戸新聞との共同企画「生きる」で新聞協会賞を受賞。インターネットに情報発信開始。
  • 2004年2月 滋賀本社より本紙とは別刷りの週刊紙「滋賀新聞」が創刊(2005年4月から9月まで発行されていた「みんなの滋賀新聞」とは無関係[8])。
  • 2006年4月 経営基盤の強化を目的に、グループ経営に移行。株式会社京都新聞社(グループ統括・編集・製作)、株式会社京都新聞COM(広告営業・新聞販売)、株式会社京都新聞印刷(新聞印刷)の3社に分割[5]
  • 2007年 2月24日号をもって「滋賀新聞」の発行を終了。
  • 2007年 神戸新聞社の機器故障により、9月22日夕刊・9月23日朝刊の神戸新聞について、紙面製作を京都新聞社で行う[要出典]
  • 2014年4月1日 旧法人の株式会社京都新聞社が持株会社に移行[5]。これにより商号を株式会社京都新聞ホールディングス[9]に変更、京都新聞COM、京都新聞印刷を完全子会社化するとともに、新聞編集事業を新法人の「株式会社京都新聞社」に継承。

社史・記念誌[編集]

  • 京都新聞九十年史(京都新聞社史編さん委員会 編) 1969年6月1日発行、575ページ。
  • 京都新聞社小史(京都新聞社小史作成委員会 編) 1974年3月発行、230ページ。
  • 京都新聞百年史(京都新聞社史編さん小委員会 編) 1979年12月発行、661ページ。
  • 京都新聞一〇五年小史(京都新聞社社史編さん委員会 編) 1984年6月発行、203ページ。
  • 京都新聞110年史(京都新聞創刊110年記念事業実行委員会社史編さん部会 編) 1989年10月発行、488ページ。
  • 京都新聞115年小史(京都新聞115年小史編纂委員会 編) 1994年10月発行、261ページ。
  • 京都新聞120年史(京都新聞創刊120年記念事業実行委員会社史編さん部会 編) 1999年10月発行、303ページ。

事業所[編集]

本社[編集]

滋賀本社

支社・総局・支局[編集]

東京支社(中央区銀座8丁目2-8)
支社
総局
支局

その他[編集]

印刷工場
研究所
  • 京都新聞総合研究所

関連企業[編集]

番組表[編集]

地上波テレビ[編集]

(京都・滋賀ともフルサイズ)

(地域によって掲載するサイズが異なる局)

  • 京都テレビ(5)(京都府版はフル。滋賀県版はハーフサイズ)
サービス放送が開始された)1969年2月1日付の朝刊から掲載。
  • びわ湖テレビ(3)(滋賀県版はフル。京都府版はハーフサイズ)
    • 夕刊の場合、京都府版・滋賀県版ともに両局フルサイズ。
  • テレビ大阪(7)(京都府版・滋賀県版共ハーフ)
    • 夕刊の場合、京都府版・滋賀県版共にハーフサイズ。

(京都・滋賀とも小サイズ。朝刊は中面掲載、夕刊は最終面掲載)

毎年1月1日付は、京都テレビ、びわ湖テレビのテレビ欄は京都・滋賀ともフルサイズで掲載。そのためテレビ大阪は第2テレビ面で掲載される。
※1969年3月までは関西テレビを大きく扱っていた(同局だけ枠が広がっており、解説記事も多かった。これは関西テレビの開局に際し、京都新聞の資本提供があったためだった)。

衛星テレビ[編集]

(最終面の地上波テレビと併載)

ハーフサイズ
小サイズ

(以下中面に掲載)

ラジオ[編集]

中波[編集]

  • NHK第1(周波数は大阪局の666kHzと彦根局の945kHzのみ記載)
  • NHK第2
  • 京都放送(周波数は京都本局の1143kHzとワイドFMの周波数のみ記載。滋賀県向け、舞鶴・福知山向け差し替え放送番組は解説欄に)
  • ABCラジオ(ワイドFMの周波数は非掲載)
  • MBSラジオ(ワイドFMの周波数は非掲載)
  • ラジオ大阪(夕刊は非掲載)
  • ラジオ関西(周波数は神戸本局の558kHzとワイドFMの周波数のみ記載)

FM・短波[編集]

FMCO・CO・LOについては開局当初は掲載されておらず、開局から約5年後の2000年頃にようやく掲載されるようになった。
丹後中丹版にはFMいかるFM丹波FMまいづる2017年1月9日より)の番組表を掲載(自社制作番組のみ掲載。FMたんごは非掲載)。
中面の番組表は2010年9月末まで見開き(右側が衛星放送と隣接県地上波テレビ、左側がラジオ)だったが、同年10月からの紙面刷新でテレビ・ラジオとも1ページにまとめての掲載に変更された。
2011年7月24日付から地上デジタル放送の完全移行に伴い、テレビ・ラジオ欄が大幅に刷新された。これまで中面に掲載されていた民放系BSデジタル放送が最終面に移動(サイズもハーフサイズから小サイズに変更)されたほか、中面のサンテレビと奈良テレビもハーフサイズから小サイズに縮小された。またラジオ欄では以前FM福井の番組欄も掲載されていたが、2011年7月23日付で同局の掲載を打ち切った。

地域版[編集]

京都府[編集]

滋賀県[編集]

  • 県民版
    • 滋賀県内で発行される分には1面題字下に『滋賀』『滋賀夕刊』と表記されている。
    • 地域面は毎週火曜日から金曜日までの週4回は「地域プラス面」「関西広域ニュース面」を掲載し、4ページ建てになっている。

朝夕刊の別[編集]

京都市大津市などの南部地域では朝夕刊のセット販売。ただし夕刊の内容は京都・滋賀ともほぼ同じものである。北部(日本海側)の地域は朝刊のみの統合版である。

4コマ漫画[編集]

その他[編集]

  • 2012年3月2日 同年2月28日の紙面に掲載した本社採用告知において出身地を制限する旨の応募資格を記載したとして京都労働局から指導を受ける[10]

主催イベントなど[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 新聞協会 2019, p. 238.
  2. ^ “20年10月ABC部数”. 新聞情報. (2019年5月18日) 
  3. ^ 京都新聞 グループ概要”. 京都新聞社. 2020年3月23日閲覧。
  4. ^ 発行部数”. 京都新聞COM. 2020年3月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 新聞協会 2019, p. 239.
  6. ^ 2005年4月29日創刊、同年9月17日で事実上廃刊。
  7. ^ “発行エリアマップ”. 京都新聞COM. https://pr.kyoto-np.jp/ad/profile/areamap.html 2020年3月23日閲覧。 
  8. ^ ただし、滋賀新聞の発行は「みんなの滋賀新聞」創刊の動きを察知して先手を打った対抗策の側面もあった。ちなみに、みんなの滋賀新聞が創刊前の2003年、一般から題字を公募した際、最も応募数が多かったのはその名も「滋賀新聞」であったが、本紙が先に商標登録を行っていたため使用できなかった[独自研究?]
  9. ^ 新聞社の持株会社移行は読売新聞グループ本社毎日新聞グループホールディングスに次いで3番目で、地方新聞社としては初の事例となる。
  10. ^ 「京都新聞、採用告知資格に出身地制限 労働局が指導」読売新聞 2012年3月2日[要ページ番号]

参考文献[編集]

  • 『日本新聞年鑑2020』日本新聞協会、2019年11月26日。ISBN 978-4-88929-080-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]