Portal:生物学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -2/18:アンドレ・マリー・コンスタン・デュメリル,石野良純,二形性真菌,原糸体 -2/16:Category:アピコンプレックス門 -2/14:ハプログループP (mtDNA) -2/11:Category:核内受容体,前野ウルド浩太郎,Category:プロテインキナーゼ -2/10:生物学科 -2/9:PLEKHG2 -2/7:トマス・ホーキンス -2/6:核濃縮,核溶解 -2/5:核崩壊 (生物学) -2/4:Category:交尾,Category:配偶システム,Category:性的二形,Category:性決定システム,Category:第二次性徴 -2/3:Category:植物の生殖系,Category:生殖系,Category:動物の生殖系,Category:性淘汰,新井英一 (栄養学者) -2/2:Category:有性生殖,Category:動物の性,Category:動物の生殖,Category:植物の生殖,Category:無性生殖 -1/31:時重初熊 -1/30:iNaturalist,杉村光俊 -1/27:藤本守,辻誠一郎 -1/24:ヨアキム・フレデリク・スコウ,デビッド・バーク (プラント・ハンター) -1/23:山水康平(削除依頼) -1/20:ズーニバース -1/17:市民科学 -1/16:in planta,in ovo,in utero -1/14:ex vivo,細胞膜透過ペプチド,CHD7 -1/12:レオポルト・フィッツィンガー,音響顕微鏡法 -1/10:ベネディクト・ディボフスキィ -1/9:最小致死濃度 -1/9:最小致死濃度 -1/8:大動脈裂孔,同類交配 -1/6:光活性化局在性顕微鏡法,誘導放出抑制顕微鏡法 -1/5:ピーダ・クリスチャン・アビルゴール -1/4:後腹膜,TSI試験 -1/3:脂肪酸アミド加水分解酵素.小原嘉明,シブリサイド -1/1:ピリン


ログ: 2018年,2017年, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

過変態(かへんたい hypermetamorphosis)とは、昆虫の発育に見られる変態の型で、いわゆる完全変態であり、その上に幼虫の時期に形態や機能の異なる複数の段階があるものを指す

アドヘシン(Adhesin)とは細胞表面または付属器官の構成物質であり、他の細胞または物体表面(通常、感染または共生している宿主の体表)への接着か付着を促進する化学物質である。アドヘシンは病原性因子の一つである。

根圏細菌(こんけんさいきん、Rhizobacteria)とは、根圏に生息し、多くの植物と共生関係を結ぶ細菌である。根圏細菌の英語名のRhizobacteriaはギリシャ語の根(rhiza)に由来する。

過去の5項目:ゲノム編集,担根体,植物細胞,ロバート・エバンス・スナッドグラス,エドバルド・モーセル

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 真正細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー