Portal:生物学

ナビゲーションに移動 検索に移動
DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -2/15:ビワツボカムリ,イワタカンアオイ,アパラチオサウルス -2/14:Category:否定された生物学の理論,Category:遺伝学史,Category:フィクションにおける遺伝子工学,ソクシンラン,インスリン受容体,カロデンドラム・カペンセ,シオングアンロン,ドリプトサウルス -2/13:藁科玄隆,日本放線菌学会,バガラアタン,Category:ナイセリア属,Category:ヘモフィルス属,Category:生物学の理論,リュウキュウコザクラ -2/12:Ap4A,アラーモン,春山哲也,ティラノサウルス上科 -2/11:レフ・セミョーノヴィチ・ベルグ,比較動物学博物館,ストケソサウルス -2/10:前上顎骨,ジュラティラント,シノティラヌス,キレスクス -2/9:プロテインキナーゼR,ブロントルニス,イトグモ,メセンブリオルニス,ララワビス,プシロプテルス,前眼窩窓,ラウリ -2/8:シコクシモツケソウ,ヒイロタケ -2/7:フォルスラコス科,キバナハタザオ -2/6:恋矢,ドロモルニス科,ハンス・ヴィンクラー,クリカワヤシャイグチ,ハナオチバタケ -2/5:ツレサギソウ属 -2/4:コガネヤマドリ,ハナガサイグチ,ガストルニス科,ガストルニス目 -2/3:ネララビン,アカヤマドリ (菌類),著者名の引用 (植物学),ホオベニシロアシイグチ,相川広秋,キアミアシイグチ,アイヒラーの法則 -2/2:アシナガイグチ,著者名の引用 (動物学),パタゴニアヒバ -2/1:ダコミチニブ,プロテインキナーゼB -1/30:ピエリシジンA -1/28:TRPチャンネル* -1/27:Category:色覚 -1/26:柳明姫,加藤征治 -1/25:プソイドペレチエリン,酒匂常明,日本解剖学会 -1/24:シモツケソウ,エイムズの部屋 -1/23:ハクサンタイゲキ -1/19:牧野佐二郎,プロテインキナーゼA(リダイレクトから独立) -1/17:クモマベニヒカゲ -1/16:挿入配列,キャラウェイタイム -1/15:本川弘一,ヤマサギソウ -1/14:ミヤマムラサキ -1/13:品種 (分類学) -1/11:ハグマノキ -1/10:アカモンガラ,スルファメラジン -1/9:キンコウジ,シロマジン -1/8:イソモンガラ -1/7:ウィリアム・ベイト・ハーディ賞,イワボタン,稲葉カヨ,シロバナネコノメソウ,グルタミンシンテターゼ -1/6:ムカゴネコノメソウ -1/5:Category:スピロヘータ門,Category:腸内細菌科,ブラキヒオプス -1/4:ゴニスティルス属,Category:インフルエンザウイルス,Category:リケッチア,Category:動物のインフルエンザ -1/3:ホクリクネコノメ -1/2:ハナミョウガ,ツルネコノメソウ,ヒゲイノシシ,コガネネコノメソウ,生体適合性,人の移動の歴史 -1/1:リュウキュウキッカサンゴ,崎谷満


ログ:2019年 2018年,2017年, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

著者名の引用とは、動物学命名法において、最初にタクソン学名を適格(available)にした人物やチームを、学名に付記することを言う。これは国際動物命名規約(ICZN、以下「本規約」)に基づく正式要件を満たすと同時に、科学系出版物にて行われる。本規約では、条51にて「著者名の引用」について説明されている。

プロテインキナーゼB (protein kinase B、PKB) は、グルコース代謝アポトーシス細胞増殖英語版転写細胞遊走英語版といった複数の細胞プロセスにおいて重要な役割を果たすセリン/スレオニンキナーゼで、Aktとしても知られる。

プロテインキナーゼA (protein kinase A、PKAEC 2.7.11.11) は、酵素活性が細胞内の環状アデノシン一リン酸 (cAMP) の濃度に依存するプロテインキナーゼファミリーであり、cAMP依存性プロテインキナーゼ (cAMP-dependent protein kinase) としても知られる。PKAは、グリコーゲン脂質代謝の調節を含む、いくつかの機能を持っている。

過去の5項目:クモマベニヒカゲヤマサギソウ,ゴニスティルス属,ブラキヒオプス,グルタミンシンテターゼ

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー