Portal:生物学

ナビゲーションに移動 検索に移動
DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -2/15:アンフェケプビス,カイカイフィル,アツミカンアオイ,スズカカンアオイ(アツミカンアオイへのリダイレクト),Category:イングランドの鳥類学者 -2/12:ユウレイツノテッポウエビ,白水隆,石井実 -2/11:高畑由起夫,オムファロサウルス,コレオケーテ藻綱,クロロデンドロン藻綱,ペディノ藻綱,ピコキスティス藻綱,クロロピコン藻綱,クロロピコン藻綱,パルモフィルム藻綱 -2/10:宮武頼夫 -2/9:集団免疫,Category:18世紀アメリカ合衆国の動物学者,Category:19世紀アメリカ合衆国の動物学者,Category:20世紀アメリカ合衆国の動物学者,Category:21世紀アメリカ合衆国の動物学者,Category:アメリカ合衆国の動物学者 (世紀別),Category:20世紀イギリスの動物学者,Category:イギリスの動物学者 (世紀別),Category:イギリスの生物学者 (世紀別),Category:20世紀イギリスの生物学者,Category:21世紀イギリスの動物学者,Category:21世紀イギリスの生物学者,Category:19世紀イギリスの動物学者,Category:19世紀イギリスの生物学者,β細胞,Category:18世紀イギリスの生物学者,Category:18世紀イギリスの動物学者,Category:甲殻類学者,Category:軟体動物学者,Category:分野別の動物学者,Category:イングランドの昆虫学者,Category:甲虫学者 -2/8:瀋陽植物園,Category:21世紀ドイツの植物学者,山根正気,片倉晴雄,キューネ発酵管,モンカタバミ,コトブキギク -2/7:大谷剛,アカマユインコ,Category:藻類学者,Category:藻類学,Category:女性藻類学者,Category:19世紀ドイツの植物学者,Category:20世紀ドイツの植物学者,Category:17世紀ドイツの植物学者,Category:18世紀ドイツの植物学者 -2/6:Category:シダ植物学者 -2/5:Category:国立健康・栄養研究所,日本微生物生態学会,Category:蘚苔学,Category:蘚苔学者,日本ゲノム微生物学会,Category:18世紀の動物学者,Category:17世紀の動物学者,Category:17世紀の生物学者,Category:16世紀の生物学者,ピノレシノール,ウスベニニガナ,繁富香織 -2/4:Category:日本の植物生理学者,Category:植物学の文献,Category:生物学の文献,Category:19世紀フランスの植物学者,Category:20世紀フランスの植物学者,Category:17世紀フランスの植物学者,Category:18世紀フランスの植物学者,Category:16世紀フランスの植物学者,コバネガ,コシジロインコ -2/3:Category:動物学博物館,Category:21世紀日本の植物学者,Category:16世紀日本の植物学者,Category:日本の植物病理学者,Category:日本の園芸学者,,Category:日本の園芸学者,Category:19世紀日本の生物学者,Category:18世紀日本の生物学者,Category:20世紀日本の生物学者,Category:21世紀日本の生物学者 -2/2:池泉,Category:各世紀の植物学者,ペロサミン,桐谷圭治,ヤエムグラ属,Category:思弁進化 -2/1:福原武,サイクリン依存性キナーゼ6,阿武喜美子,ホリデイジャンクション,Category:本草学,Category:18世紀日本の植物学者,Category:日本の本草学者,Category:19世紀日本の植物学者,Category:17世紀日本の植物学者,Category:20世紀日本の植物学者,キバナカワラマツバ,カワラマツバ(キバナカワラマツバへのリダイレクト)


ログ:2020年 2019年 2018年,2017年, 2016年, 2015年, 2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

ヘキスト染色: Hoechst stain)は、DNA染色するための手法である。染色に用いられるヘキスト色素は、青色蛍光色素のファミリーの一部である。これらのビスベンズイミド英語版類は元々ヘキスト社によって開発され、開発順に番号が付けられている。

多糸染色体 (polytene chromosome) は、数千のDNA鎖を含む巨大な染色体である。 エドゥアール=ジェラール・バルビアーニ英語版によって1881年に初めて報告された。多糸染色体はハエ目に見つかり、最もよく知られているのはショウジョウバエ属 (Drosophila)、ユスリカ属 (Chironomus)、クロバネキノコバエ科Rhynchosciara属のものである。

GSK-3 (glycogen synthase kinase 3) は、セリンスレオニンアミノ酸残基へのリン酸分子の付加を媒介するセリン/スレオニンプロテインキナーゼである。グリコーゲンシンターゼキナーゼ-3グリコーゲン合成酵素キナーゼ-3などとも呼ばれる。

過去の5項目:核ラミナ,NEDD4,第VIII因子,ユビキチンリガーゼ,ヘモゾイン

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー