Portal:生物学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -3/24:カール・テオドール・フォン・シーボルト,Siebold (生物分類) -3/22:White (生物分類) -3/21:トマス・クック (初代レスター伯爵) -3/20:アリス・リッチ・ノースロップ -3/19:フリードリヒ・エルンスト・ルートヴィヒ・フィッシャー,Druce (生物分類) -3/17:リヒャルト・コルクヴィッツ -3/16:ハーバート・ドゥルース -3/15:ジョージ・クラリッジ・ドゥルース -3/14:アントワーヌ・ニコラ・デュシェーヌ -3/13:エミール・デュクロー -3/12:フランシスクス・ヴァン・ステルベーク -3/11:ハインリッヒ・クリスチャン・マックロット,セルロース分解菌,脳地図 -3/10:ジョージ・エドワード・マッシー,日本植物学会 -3/9:ワーシントン・ジョージ・スミス -3/7:ウィリアム・ウィルソン・サンダース,白化 (植物) -3/6:ヴィンチェンツォ・ティネオ,希釈平板法 -3/5:ロバート・フォルジャー・ソーン -3/4:ベルンハルト・アーダルベルト・エミール・ケーネ -3/3:リンネ庭園 -3/2:ゲオルク・アウグスト・シュヴァインフルト -3/1:水素生産菌,窒素固定菌 -2/29:トーマス・ジェファーソン・ハウエル,人工タンパク質 -2/27:ジョン・グッディヤー -2/25:ヨハン・ヴィルヘルム・シュトルム -2/24:細胞核ウイルス起源説 -2/23:ハンス・ヘップナー -2/22:日本生物工学会 -2/20:ジョージ・エドワード・ダヴェンポート -2/19:ジョン・イサーク・ブリケ -2/18:エミール・ブルナー -2/17:働きアリの法則 -2/14:チャールズ・モンタギュー・クック,ジョン・ドミニー -2/13:アルノルト・フェルスター,代替酸化酵素 -2/12:アドルフォ・タルギオーニ・トッツェッティ -2/10:デーヴィッド・ケイリン -2/9:アーノルド・J・レビン,ストッティング -2/6:ヴィルヘルム・ホフマイスター -2/5:ベルナール・デュ・ビュス・ド・ジジニー,過敏感反応 -2/4:ウィリアム・マクギリヴレイ,ヘンリー・ウィザム,ペール・カルム,肥料の三要素 -2/2:内在性ウイルス様配列,ヴィルヘルムス・ヨセフス・ヨングマンス


ログ: 2016年,2015年,2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

ゲノム編集:genome editing)とは、部位特異的なヌクレアーゼを利用して、思い通りに標的遺伝子を改変する技術である。ヌクレアーゼとしては、2005年以降に開発・発見された、ZFN(ズィーエフエヌ、または、ジンクフィンガーヌクレアーゼ)、TALEN(タレン)、CRISPR/Cas9(クリスパー・キャスナイン)を中心としている。従来の遺伝子工学遺伝子治療と比較して、非常に応用範囲が広い。

担根体 rhizophoreとは、根にも茎にも似た植物の部分。シダ植物イワヒバ属などに見られる。茎から出て下に伸び、そこから根を生じる。根持体とも呼ばれ、小葉類に独特のものとされる。その素性については根、あるいは茎と見る説、両者の中間と見る説、独立の存在とする説などがある。 ただし担根体という語は、ヤマノイモ科の植物の地下茎ヒルギ科の植物の胎生種子の根に対して用いられることもある。

植物細胞(しょくぶつさいぼう)は植物を構成する細胞である。他の真核生物の細胞とは、以下のような様々な点で区別される。

過去の5項目:ロバート・エバンス・スナッドグラス,エドバルド・モーセルジョン・オキーフ,生存曲線,ユップ・ランゲ

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 真正細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー