Portal:生物学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -6/29:AMPデアミナーゼ,IMPシクロヒドロラーゼ,アデニロコハク酸シンターゼ -6/5:‎磁気生理学 -5/21:血液神経関門 -5/17:フマル酸レダクターゼ,フマル酸レダクターゼ (キノール),フマル酸レダクターゼ (補酵素M/補酵素B),BioRxiv,双方向性シナプス -5/16:テントキシン,強膜輪 -5/15:三好規之,電子伝達フラビンタンパク質,硫化物キノンレダクターゼ -5/14:新川詔夫 -5/12:D-乳酸デヒドロゲナーゼ (キノン) -5/11:シトクロムb -5/10:イェンス・ヴィルケン・ホルネマン -5/7:ジョン・マネー,白色点,山川民夫 -5/5:オロフ・セルシウス -5/4:1番染色体 (ヒト) -5/3:走査型SQUID顕微鏡,皮膚ガス -4/10:アポプラスト -3/30:内生生物 -3/20:土壌呼吸 -3/12:組織工学 -3/6:フリードリヒ・ブルダッハ,枝切り酵素 -2/28:ハプログループM7 (mtDNA) -2/20:組織工学 -2/16:‎小趾球,小指球筋 ,小指球 -2/12:ハプログループBT (Y染色体),ダーウィンの日 -2/9:DIYバイオバイオパンク -2/7:器官培養 -2/5:ハツナ・ゴガラゼ -2/4:ジョージ・ナトール -2/1:3色型色覚 -1/29:味覚センサ臭気センサFETバイオセンサ生体電位 -1/25:フレーリッヒ仮説生体電磁気 -1/24:生体磁気 -2017/1/15:遺伝率 -12/30:刺激性 -12/28:オルガノイド -12/23:ニュートンの円盤 -12/8:カール・エドゥアルト・アイヒヴァルト -12/3:機能ゲノミクス, 住木諭介 -11/28:#進化発生生物学 -10/30:エドワード・リー・グリーン,磐瀬太郎,生物学的特許,長い末端反復 -10/28:接触阻害,ヨハン・ゴットリープ・グレディッチュ -10/27:チャールズ・フラー・ベーカー -10/26:APG IV,ユリウス・オスカル・ブレフェルト -10/25:ナッセ・ホルナーの法則,ハンス・フィルヒョウ,フリチオフ・ホルムグレーン -10/23:更科功,主要被子植物,大隅萬里子 -10/22:コネクトミクス,ピーター・ファン・ローエン,渡辺公綱,ハリー・マーシャル・ウォード -10/21:動物のニューロンの数の一覧 -10/19:ベルタ・ルッツ -10/18:アンドロゲン受容体,デビッド・P・ペンハロー -10/16:遺伝子ドライブ,ナサニエル・シェーラー,2色型色覚 -10/15;吉本光希 -10/14;限界 (分類学) -10/12:基部被子植物 -10/11:ナンセンス変異依存mRNA分解機構,ポーリーヌ・ディ・ポン -10/9:アキッレ・テラッチャーノ -10/7:アーサー・クラファム -10/6:ジョン・ラムズボトム (菌類学者) -10/2:ケネス・カーペンター (古生物学者) -10/1:ヘルト萼状シナプス,ハンス・ヘルト,ドノヴァン・コレル -9/29:前田浩 (化学者),松村保広,PD-1,石田靖雅 -9/27:ボリス・フェドチェンコ,徳川生物学研究所 -9/24:モデスト・イリイン,クリスティアン・フリードリヒ・レッシング -9/23:武村政春 -9/21:レオポルト・トラッティニック -9/19:精子形成,近藤勝彦 (植物学者) -9/18:バイオインフォマティクスオープンソースのソフトウェア,バイオインフォマティクスに関連する機関の一覧,バイオインフォマティクス分野の科学論文雑誌のリスト,マイクロ流体力学 -9/17:遺伝薬理学,ジョン・ヘスロップ=ハリソン,ジャック・ヘスロップ=ハリソン -9/15:ズータクサ -9/13:ホセ・デメトリオ・ロドリゲス -9/12:認知閾 -9/11:ヒト胎盤性ラクトゲン,ルドヴィック・フレック -9/10:原清敬 -9/9:フランツ・シェルヴァー -9/8:ルドルフ・トレヴィラーヌス -9/6:スティーブン・エリオット (植物学者) -9/3:林久由 -9/2:クレイシュ -8/30:ルドルフ・シュレーディンガー -8/29:ジョン・ミルトン・ビゲロー -8/28:小林亨,ピエール・ダンカルヴィル -8/27:ジェーコブ・ビゲロー -8/26:神崎亮平,ジャン・ミシェル・クロード・リシャール -8/25:マーク・プタシュネ -8/23:ヴィルヘルム・キーゼルバッハ -8/22:ヤコブ・ゲオルグ・アガード -8/20:ロトカ・ヴォルテラの競争方程式,橋本博 -8/18:ウィリアム・ギルソン・ファーロー-8/16:Category:糖タンパク質,Category:糖鎖生物学 -8/15:面生歯,日本生物物理学会 -8/12:ルートヴィヒ・アドルフ・ラドルコーファー,日比正彦 -8/11:間藤徹,齊藤真也 -8/10:ジョヴァンニ・バッティスタ・グラッシ,フェリックス・ユージン・フリッシュ -8/9:野間昭典 -8/8:荻巣樹徳 -8/7フィコシアノビリン -8/6:ウィリアム・ターナー・シセルトン=ダイアー -8/5:ドマニシ,フリードリヒ・アドルフ・ヴィスリツェヌス -8/3:藤井隆 (生物学者),ミズーリ植物園 -7/31:ビヴァリー・トーマス・ギャロウェイ -7/27;インターロイキン-8,アウゴスト・メンツ -7/25:チャールズ・スウィナートン -7/23:バルトロメオ・ビアソレットー -7/22:ムツィオ・トマシーニ -7/21:ニコライ・セヴェルツォフ -7/19:ドロシー・ポペノー -7/18:エグバート・ウォーカー -7/17:トーマス・ハードウィック (博物学者),P2X受容体 -7/15:エミール・アドルフ・ロスメッスラー -7/14:固有派生形質,P2Y受容体,外群 -7/13:SETBP1,アンドレイ・ベケトフ,共有原始形質 -7/12:ヨハネス・テオドール・シュマルハウゼン -7/10:下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ペプチド -7/9:小野武年,山田喜紹 -7/8:エルネスト・コソン -7/7:ジョージ・バスク,山階芳麿賞 -7/5:モノクローナル抗体の命名法(リダイレクトからの独立),ハワード・シダー,ヨセフィーナ・カブリーコヴァー,ポリメラーゼ,鈴木良次 -7/4:カール・ダーフィット・ブーシェ -7/3保尊隆享 -7/2:ヨハネス・ヤコブ・ヘーゲットシュバイラー


ログ: 2016年,2015年,2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

根圏細菌(こんけんさいきん、Rhizobacteria)とは、根圏に生息し、多くの植物と共生関係を結ぶ細菌である。根圏細菌の英語名のRhizobacteriaはギリシャ語の根(rhiza)に由来する。

ゲノム編集:genome editing)とは、部位特異的なヌクレアーゼを利用して、思い通りに標的遺伝子を改変する技術である。ヌクレアーゼとしては、2005年以降に開発・発見された、ZFN(ズィーエフエヌ、または、ジンクフィンガーヌクレアーゼ)、TALEN(タレン)、CRISPR/Cas9(クリスパー・キャスナイン)を中心としている。従来の遺伝子工学遺伝子治療と比較して、非常に応用範囲が広い。

担根体 rhizophoreとは、根にも茎にも似た植物の部分。シダ植物イワヒバ属などに見られる。茎から出て下に伸び、そこから根を生じる。根持体とも呼ばれ、小葉類に独特のものとされる。その素性については根、あるいは茎と見る説、両者の中間と見る説、独立の存在とする説などがある。 ただし担根体という語は、ヤマノイモ科の植物の地下茎ヒルギ科の植物の胎生種子の根に対して用いられることもある。

過去の5項目:植物細胞,ロバート・エバンス・スナッドグラス,エドバルド・モーセル,ジョン・オキーフ,生存曲線

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 真正細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー