Portal:生物学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DNAの分子モデル
ショートカット:
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -8/26:なし -8/25:ジアコーモ・ブレッサドーラ -8/24:なし -8/23:メルヒオール・トロープ -8/22:安田篤 (植物学者) -8/21:ステファーノ・デッレ・チアジェ -8/20:マッキルベイン緩衝液,アルブレヒト・コンラート・テーア -8/19:腫瘍溶解性ウイルス -8/18:オトマー・フライヘル・フォン・フェアシューアー* -8/17:ジョージ・ベネット (博物学者) -8/16:アグネス・アーバー -8/15:アンドリュー・プライス・モーガン,花井哲郎 (地球科学者),スタンフォード・ゼラー,エイミー・B・H・グリーンウェル民族植物園 -8/14:ハワイ民族植物園,秦仁昌,漿膜 (羊膜類),民族植物学,尿膜,側板中胚葉,東海大学マイクロ・ナノ研究開発センター -8/13:ジョン・ブラッドベリー,第X因子,血島,ヘモペキシン,ラスブリカーゼ,ペグロティカーゼ -8/12:チャールズ・バーネス -8/11:酸素発生,ビーポーレン -8/10:ダキンフィールド・ヘンリー・スコット,フレデリック・フロスト・ブラックマン,ローレンス・バース=ベッキング -8/9:ハプログループNO (Y染色体),眼心臓反射 -8/8:マイケル・フォスター (生理学者),トーマス・ハンブリー -8/7:なし -8/6:なし -8/5:なし -8/4:なし -8/3:ニコラ・シャルル・セランジュ -8/2:なし -8/1:ウィリアム・ウールズ,シャルル・リュシアン・ボナパルト,ヨハン・フリードリヒ・クローチェ,副嗅球,コペンハーゲン大学植物園 -7/31:アンテラキサンチン -7/30:なし -7/29:ジョセフ・メイデン,コンキオリン -7/28:衛星細胞 -7/27:[リチャード・サンダース・ロジャーズ]],FGF8 -7/26:フレデリック・パーシュ,岡島秀治 -7/25:エドゥアルト・ライヒェナウ,湯本貴和,ロスコフ生物学研究所 -7/24:エミール・ゲルディ,エミーリエ・スネトラーゲ,湯浅浩史 -7/23:オーギュスト・ジャン・バティスト・シュヴァリエ,コロニー形成率 -7/22:ウィリアム・P・C・バートン -7/21:ハプログループC1b2 (Y染色体),カール・アウグスト・メビウス -7/20:なし -7/19:ノッド因子 -7/18:ロバート・モリソン (植物学者),マリヌス・アントン・ドンク -7/17:ジャン・ロバン (植物学者) -7/16:ボリス・シリュルニク -7/15:リクレフ・グロレ -7/14:ウィリアム・ミッテン -7/13:服部新佐 -7/12:なし -7/11:ハプログループH (mtDNA),ハプログループL (Y染色体),ピーター・ハミルトン・レーブン,ハプログループT (Y染色体),ハプログループN9 (mtDNA),ハプログループMS (Y染色体),ハプログループF (Y染色体),ハプログループL3 (mtDNA) -7/10:ハプログループC (mtDNA) -7/9:フレデリック・クレメンツ -7/8:ヘンリー・アラン・グリーソン (植物学者) -7/7:ハプログループH (Y染色体),パーヴォ・カリオ -7/6:胡秀英 -7/5:アルフレッド・ヘンリー・スターティヴァント -7/4:担根体 -7/3:ハプログループD (mtDNA),ハプログループA (mtDNA) -7/2:オボアルブミン -7/1:アントニ・アンジュジェヨフスキ


ログ: 2015年,2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

担根体 rhizophoreとは、根にも茎にも似た植物の部分。シダ植物イワヒバ属などに見られる。茎から出て下に伸び、そこから根を生じる。根持体とも呼ばれ、小葉類に独特のものとされる。その素性については根、あるいは茎と見る説、両者の中間と見る説、独立の存在とする説などがある。 ただし担根体という語は、ヤマノイモ科の植物の地下茎ヒルギ科の植物の胎生種子の根に対して用いられることもある。

植物細胞(しょくぶつさいぼう)は植物を構成する細胞である。他の真核生物の細胞とは、以下のような様々な点で区別される。

ロバート・エバンス・スナッドグラス: Robert Evans Snodgrass1875年7月5日1962年9月4日)は、アメリカ合衆国昆虫学者芸術家節足動物形態学解剖学進化変態の分野で多大な貢献を行った。

過去の5項目:エドバルド・モーセルジョン・オキーフ,生存曲線ユップ・ランゲ,神経発生,

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 真正細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー