筋小胞体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
図のSarcoplasmic reticulumが筋小胞体

筋小胞体(きんしょうほうたい、: sarcoplasmic reticulum)は、筋線維内に存在する膜系構造の1つで、滑面小胞体のうち、収縮刺激伝達系として特殊化したものである。

筋小胞体は筋原線維と平行に存在する。弛緩した筋ではカルシウムイオンを含み、カルシウムイオンの放出によって筋を収縮させる。筋小胞体の間には横行小管が位置する。横行小管と接する部分は終末槽: terminal cisternae)と呼ばれる。

機能[編集]

主にカルシウムイオン(Ca2+)の蓄積を担う細胞小器官である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版社 1991年 ISBN 4885006104
  • 高橋迪雄監訳 『獣医生理学 第2版』 文永堂出版 2000年 ISBN 4830031824