筋膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

筋膜(きんまく)とは、脊椎動物筋肉内臓を包む膜(例えば腎臓副腎を包むゲロタ筋膜)の総称である。

筋膜は全身の組織を包み込んでいるだけでなく、組織間の結合も担う結合組織である。筋膜という単語一つでまとめるのは困難であり、解剖学的に詳細な名称付けが必要だが、専門家の間でも分類方法が定まっていないのが現状である。

主に機械的にきわめて強靭なI型コラーゲン線維からなる密性結合組織で膠原線維束が種々の方向に交繊するように走る。線維間には少数の線維(芽)細胞が存在する。

筋肉を包む筋膜にシワができたり固まったりすると、凝り肩こりなど)の症状を引き起こすことがある。古くから行われている按摩指圧マッサージは、それらの筋膜を正常な状態にしていた可能性がある。筋膜の医学的研究は発展途上ではあるが、近年研究が進み、医学的に原因不明とされている疼痛の治療の研究が進む可能性がある。

参考文献[編集]

  • 伊藤隆 『組織学』 南山堂、2005年[要曖昧さ回避]
  • Jean-Claude GUIMBERTEAU 著・Colin ARMSTRONG 著・竹井仁 監訳『人の生きた筋膜の構造(DVD付)内視鏡検査を通して示される細胞外マトリックスと細胞』医道の日本社(2018年:ISBN 978-4-7529-3124-9