オオアリクイ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オオアリクイ科
生息年代: 中新世現世
Myresluger2.jpg
オオアリクイ Myrmecophaga tridactyla
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
上目 : 異節上目 Xenarthra
: 有毛目 Pilosa
亜目 : アリクイ亜目 Vermilingua
: オオアリクイ科 Myrmecophagidae
Gray, 1825

オオアリクイ科(学名:Myrmecophagidae)は、哺乳綱獣亜綱異節上目有毛目アリクイ亜目の1科。

特徴[編集]

  • 頭部は筒状で口吻が長く、歯は無いため細長い舌で蟻塚を探りアリやシロアリを捕食する。前肢に4本、後肢に長くて鋭い5本の牙がある。オオアリクイ科は、頑丈で、細長く、横方向に圧縮されたボディを示します。尾を除いて長さは、サイクロピードの15cmからオオアリクイの120cmまではある。 歯が無いため、テングのような形をした長くて丸い鼻と糸状の粘性のある舌を使ってシロアリやアリを捕らえ、そこで作られた開口部から蟻塚にすばやく導入して食事をする。大きな牙で食物資源を無傷のままにするため、巣を破壊することなく、シロアリやアリの間で1日35,000をむさぼり食うことにする。オオアリクイ科の視力が弱いため嗅覚を生かして獲物を探す。 コアリクイとアリクイの2種が木に生息している。交尾期を除いて、オオアリクイ科は大体孤独な動物である。雌は1年に1匹の子を産む。
  • 昆虫しか食わないため、危険な動物ではありませんが、脅迫される場合は、疑似直立姿勢をとり、10cm以上の長い牙で打深刻な打撃を与えることで自分自身とその子孫を守ることができる(大きなネコ科の襲撃からも自分を守れる程度)。眠っている間、オオアリクイ科は非常に太い尾で身を守る。

分布[編集]