ネコ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネコ科
ヨーロッパヤマネコ
ヨーロッパヤマネコ Felis silvestris
保全状況評価[1]
ワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
亜目 : ネコ型亜目 Feliformia
: ネコ科 Felidae
学名
Felidae Fischer, 1817[2]
和名
ネコ科[3][4][5]

ネコ科(ネコか、Felidae)は、哺乳綱食肉目に分類される科。

分布[編集]

主要な大陸や島(オーストラリア大陸・南極大陸・マダガスカルを除く)[4]

形態[編集]

耳介は大型で漏斗状をしており、集音効果に優れている[4]。眼は大型で、立体視ができ色覚もある[4]瞳孔は調節する筋肉が作用し、明るさの変化への順応が早い[4]網膜の感覚細胞の後部に反射層(タペータム)があり、これにより光が感覚細胞を透過せず反射することで2回刺激され暗所でも適応できる(夜にネコの眼に光が当たると光るのはこのため)[4]

歯列は門歯が上下6本、犬歯が上下2本、小臼歯が上顎6本・下顎4本、大臼歯が上下2本と計30本の種が多い(オオヤマネコ類・マヌルネコなどは上顎の小臼歯が4本のため計28本)[4]。犬歯は大型で(ウンピョウで顕著)、獲物に噛みつき仕留めるのに適している[4][5]。食物を咀嚼する大臼歯が退化している代わりに、舌に鑢状の突起があり食物を固定・引き裂き・肉を削ぎ落とすことができる[4]。ヒョウ属では舌骨の基部を動かすことができ、これによって吠えることができる[4][5]

多くの種でをさやに引っ込めることができ、木登りや獲物を捕らえる時にだけ爪を出す[5]

分類[編集]

Neofelis diardi

ウンピョウN. nebulosa

トラPanthera tigris

ユキヒョウPan. uncia

ジャガーPan. onca

ライオンPan. leo

ヒョウPan. pardus

サーバルProfelis serval

アフリカゴールデンキャットPro. aurata

カラカルPro. caracal

アンデスネコLeopardus jacobita

オセロットL. pardalis

マーゲイL. wiedii

パンパスネコL. colocola

ジャガーネコL. tigrina(中央アメリカ)

ジャガーネコL. tigrina(南アメリカ)

ジョフロワネコL. geoffroyi

コドコドL. guigna

ボブキャットLynx rufus

カナダオオヤマネコL. canadensis

オオヤマネコL. lynx

スペインオオヤマネコL. pardinus

マーブルキャットPardofelis marmorata

ボルネオヤマネコPar. badia

アジアゴールデンキャットPar. temminckii

チーターAcinonyx jubatus

ピューマPuma concolor

ジャガランディPu. yagouaroundi

マヌルネコOtocolobus manul

サビイロネコPrionailurus rubiginosus

マライヤマネコPri. planiceps

スネドリネコPri. viverrinus

ベンガルヤマネコPri. bengalensis(スンダ列島)

ベンガルヤマネコPri. bengalensis(インドシナ)

ジャングルキャットFelis chaus

クロアシネコF. nigripes

スナネコF. margarita

ハイイロネコF. bieti

リビアネコF. lybica

ヨーロッパヤマネコF. silvestris

イエネコF. catus

Li et al.(2016)より、核DNAを解析した現生種の系統図より(学名は出典に従う)[6]

2006年に発表された分子系統推定から、以下の系統(順番はこの解析での分岐順)に分かれるという解析結果が得られている[2]。2016年に発表された分子系統解析でもこれらの系統は支持されたが、分岐順は異なる(Panthera lineageに次いでBay cat lineageではなくCaracal lineageが分岐したとされ、Bay cat lineageはLynx lineageに次いで分岐した系統という解析結果が得られている)[6]

  1. Panthera lineage - ウンピョウ属、ヒョウ属
  2. Bay cat lineage - アジアゴールデンキャット属、マーブルキャット属
  3. Caracal lineage - アフリカゴールデンキャット + カラカル、サーバル属
  4. Ocelot lineage - オセロット属
  5. Lynx lineage - オオヤマネコ属
  6. Puma lineage - チーター属、ジャガランディ + ピューマ
  7. Leopard cat lineage - マヌルネコ、ベンガルヤマネコ属
  8. Domestic cat lineage - ネコ属

以下の現生種の分類・英名は、IUCN SSC Cat Specialist Group(2017)に従う[2]。和名は付記のないかぎり、川田ら(2018)に従う[3]

分類史[編集]

リンネの『自然の体系』でネコ属(Felis)とされたものが7種(ライオン・トラ・ヒョウ・ジャガー・オセロット・イエネコ・オオヤマネコ)あり、これは現在の現生ネコ科の範囲におおよそ対応している。19世紀にジョン・エドワード・グレイニコライ・セヴェルツォフらによって属が多数分割されたあと、1917年にレジナルド・インズ・ポコックネコ亜科ヒョウ亜科・チーター亜科の3亜科に分類したものが現在に続く現生ネコ科の下位分類の基本となっている[9]。亜科に関しては、分子系統解析などからチーター亜科の独立性が否定されているほか、化石種の分類体系との均衡から現生種を全てネコ亜科に含めヒョウ亜科を認めない場合もある[10]。属については20世紀中葉にジョージ・ゲイロード・シンプソンの影響で現生種が3属のみにまとめられたこともある[11]

生態[編集]

約4分の3以上の種が森林に生息する[4]夜行性で森や茂みの中で生活する種が多い。主に単独で生活するが[4]、ライオンやチーターは血縁関係のある個体で群れを形成することもある[5]

主に脊椎動物を食べるが、魚類、昆虫、果実を食べることもある[5]。肉のみを食料とする種も多く、ほとんどの地域で食物連鎖の頂点にいる。

主に2 - 3匹の幼獣を産む[5]。出産間隔は小型種では年に1 - 2回、大型種は2 - 3年に1回[5]

人間との関係[編集]

毛皮目的の狩猟、家畜や人間を襲う害獣としての駆除などにより生息数が減少している種もいる[5]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ I, II and III (valid from 22 June 2021)<https://cites.org/eng> [Accessed 17/07/2021]
  2. ^ a b c IUCN SSC Cat Specialist Group, "Species accounts," Cat News, Spacial Issue 11, 2017, Pages 11 - 75.
  3. ^ a b 川田伸一郎, 岩佐真宏, 福井大, 新宅勇太, 天野雅男, 下稲葉さやか, 樽創, 姉崎智子, 横畑泰志世界哺乳類標準和名目録」『哺乳類科学』58巻 別冊、日本哺乳類学会、2018年、1 - 53頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l Gillian Kerby 「ネコ科」今泉忠明訳『動物大百科 1 食肉類』今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編、平凡社、1986年、35 - 36頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j 成島悦雄 「ネコ科の分類」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、150 - 171頁。
  6. ^ a b Gang Li, Brian W. Davis, Eduardo Eizirik, William J. Murphy, "Phylogenomic evidence for ancient hybridization in the genomes of living cats (Felidae)," Genome Research, Volume26, Issue 1, Cold Spring Harbor Laboratory Press, 2016, Pages 1 - 11.
  7. ^ Valerie A. Buckley-Beason, Warren E. Johnson, Willliam G. Nash, Roscoe Stanyon, Joan C. Menninger, Carlos A. Driscoll, JoGayle Howard, Mitch Bush, John E. Page, Melody E. Roelke, Gary Stone, Paolo P. Martelli, Ci Wen, Lin Ling, Ratna K. Duraisingam, Phan V. Lam, Stephen J. O’Brien, "Molecular Evidence for Species-Level Distinctions in Clouded Leopards," Current Biology, Volume 16, Issue 23, 2006, Pages 2371 - 2376.
  8. ^ Andrew C. Kitchener, Mark A. Beaumont, Douglas Richardson, "Geographical Variation in the Clouded Leopard, Neofelis nebulosa, Reveals Two Species," Current Biology, Volume 16, Issue 23, 2006, Pages 2377 - 2383.
  9. ^ Pocock, R. I. (1917). “The Classification of existing Felidae”. Ann. Mag. N. Hist. Ser. 8 20: 329-350. https://archive.org/stream/annalsmagazineof8201917lond#page/n359/mode/2up. 
  10. ^ Lars Werdelin (2013). “Family Felidae”. In Kingdon et al.. Mammals of Africa. 5. Bloomsbury. pp. 144-147 
  11. ^ Simpson, G.G. (1945). “Felidae”. The principles of classification and a classification of mammals. Bulletin of the American Musium of Natural History. 85. pp. 230-232. https://hdl.handle.net/2246/1104 

関連項目[編集]