アンデスネコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンデスネコ
アンデスネコ
アンデスネコ Leopardus jacobita
保全状況評価[1][2]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
: オセロット属 Leopardus
: アンデスネコ L. jacobita
学名
Leopardus jacobita (Cornalia, 1865)[2]
シノニム

Felis jacobita Cornalia, 1865[2]

和名
アンデスネコ
アンデスヤマネコ
英名
Andean mountain cat

分布域

アンデスネコLeopardus jacobita)は、食肉目ネコ科オセロット属に分類される食肉類。

分布[編集]

アルゼンチンチリ北部、ペルー南部、ボリビア[3][4][5]

形態[編集]

体長57-65センチメートル[4][5]。尾長28-40センチメートル[5]体重3.5-4キログラム[5]。尾は長く、後述のように長い体毛で被われるため太く円筒形に見える[3][4][5]。背面は4センチメートル、尾は3.5センチメートルの長く柔らかい体毛で密に被われる[4][5]。背面の毛衣は灰褐色で[3]、不明瞭な褐色の斑紋が入る[4][5]。耳介背面に黒く縁取られた白い斑点(虎耳状斑)が入らない[4]。腹面の毛衣は白い[3]。腹部や四肢には黒い斑点が入る[4]。尾に8-9本の黄褐色や黒の輪状斑が入る個体もいる[4][5]

耳介は大型で丸みを帯びる[4]。歯列は門歯が上下6本、犬歯が上下2本、小臼歯が上顎6本、下顎4本、大臼歯が上下2本で計30本[4]

生態[編集]

標高3,000-5,000メートルにある岩が多く藪の点在するステップに生息する[3][4][5]

食性は動物食で、小型哺乳類(チンチラヤマビスカーチャ)、鳥類などを食べた例がある[4][5]

繁殖形態は胎生。

人間との関係[編集]

放牧による獲物の減少、および牧羊犬が野生化したノイヌなどによる生息数の減少が懸念されている[5]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<https://www.cites.org/>(Accessed April 04, 2019)
  2. ^ a b c Villalba, L., Lucherini, M., Walker, S., Lagos, N., Cossios, D., Bennett, M. & Huaranca, J. 2016. Leopardus jacobita. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T15452A50657407. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-1.RLTS.T15452A50657407.en. Downloaded on 04 April 2019.
  3. ^ a b c d e 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科1 食肉類』、平凡社1986年、61頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、152-153頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社2001年、153-154頁。

関連項目[編集]