オセロット属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オセロット属
生息年代: 2.5–0 Ma
オセロット属
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
亜科 : ネコ亜科 Felinae
: オセロット属 Leopardus
学名
Leopardus Gray, 1842[1]
模式種
Leopardus griseus Gray, 1842
(= Felis pardalis Linnaeus, 1758)[2]
和名
オセロット属[3]

オセロット属Leopardus)は、哺乳綱食肉目ネコ科ネコ亜科の属。アメリカ大陸に固有の属である[1]。アメリカ大陸の小型ネコ類の中では古い系統に位置し、中新世後期にベーリング地峡を通ってアジアから北アメリカに渡ってきたと考えられている[4]

本属の特徴として、染色体数が36本である(他のネコ科は38本)[5]

分類[編集]

本属のみからなる単系統群はOcelot lineageとも呼ばれる[1]。以前はLynchailurusOncifelisOreailurusなどの属が本属の構成種に用いられることもあったが[6]、これらは本属のシノニムとみなされている[1][2]

以下の種の分類・英名は、Kitchener et al. (2017) に従う[1]。和名は川田ら (2018) に従う[3]

パンパスネコ類(広義のコロコロ、Leopardus colocola sensu lato)は、Wozencraft (2005) によるとコロコロL. colocolo・パンタナルネコL. braccatus・パンパスネコL. pajerosの3種とされていた[2]。Kitchener et al. (2017) はこれらを同種(7亜種を含む)とみなしたが[1]、Nascimento et al. (2021) によりL. colocolaL. pajerosL. garleppiL. braccatusL. munoaiの5種に分割する説も提唱されている[7]

ジャガーネコ類(広義のジャガーネコ、Leopardus tigrinus sensu lato)は、Wozencraft (2005) では1種とされていたが[2]、Kitchener et al. (2017) ではL. tigrinusL. guttulusの2種に分割されている[1]。Nascimento & Feijó (2017) ではさらにL. emiliaeを独立種として認めて3種とする説も提唱されている[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Kitchener, A. C.; Breitenmoser-Würsten, C.; Eizirik, E.; Gentry, A.; Werdelin, L.; Wilting, A.; Yamaguchi, N.; Abramov, A. V. et al. (2017). “A revised taxonomy of the Felidae: The final report of the Cat Classification Task Force of the IUCN Cat Specialist Group”. Cat News (Special Issue 11): 46–58. https://repository.si.edu/bitstream/handle/10088/32616/A_revised_Felidae_Taxonomy_CatNews.pdf?sequence=1&isAllowed=y#page=47. 
  2. ^ a b c d W. Christopher Wozencraft, “Order Carnivora,” In Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (eds.), Mammal Species of the World: A Taxonomic and Geographic Reference (3rd ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, Pages 532-628.
  3. ^ a b 川田伸一郎・岩佐真宏・福井大・新宅勇太・天野雅男・下稲葉さやか・樽創・姉崎智子・横畑泰志世界哺乳類標準和名目録」『哺乳類科学』58巻 別冊、日本哺乳類学会、2018年、1-53頁。
  4. ^ Johnson, W. E.; Eizerik, E.; Pecon-Slattery, J.; Murphy, W. J.; Antunes, A.; Teeling, E. & O'Brien, S. J. (2006). “The Late Miocene radiation of modern Felidae: A genetic assessment”. Science 311 (5757): 73–77. doi:10.1126/science.1122277. PMID 16400146. https://zenodo.org/record/1230866. 
  5. ^ Trigo T. C.; Freitas T. R. O.; Kunzler G.; Cardoso L.; Silva J. C. R.; Johnson, W. E.; O’Brien S. J.; Bonatto S. L. et al. (2008). “Inter-species hybridization among Neotropical cats of the genus Leopardus, and evidence for an introgressive hybrid zone between L. geoffroyi and L. tigrinus in southern Brazil”. Molecular Ecology 17 (19): 4317–4333. doi:10.1111/j.1365-294X.2008.03919.x. PMC 6993176. PMID 18785898. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6993176/. 
  6. ^ 今泉吉典「イリオモテヤマネコの外部形態」『自然科學と博物館』第34巻 第5-6号、国立科学博物館、1967年、73-83頁。
  7. ^ Fabio Oliveira Do Nascimento, Jilong Cheng, Anderson Feijó, “Taxonomic revision of the pampas cat Leopardus colocola complex (Carnivora: Felidae): an integrative approach,” Zoological Journal of the Linnean Society, Volume 191, Issue 2, The Linnean Society of London, 2021, Pages 575–611.
  8. ^ Fabio Oliveira do Nascimento & Anderson Feijó, “Taxonomic revision of the tigrina Leopardus tigrinus (Schreber, 1775) species group (Carnivora, Felidae)”, Papéis Avulsos de Zoologia. Volume 57 No. 19, Museu de Zoologia da Universidade de São Paulo, 2017, Pages 231–264.