ボルネオヤマネコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボルネオヤマネコ
ボルネオヤマネコ
ボルネオヤマネコ Catopuma badia
保全状況評価[a 1][a 2]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書II類
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
: Catopuma
: ボルネオヤマネコ C. badia
学名
Catopuma badia (Gray, 1874)
シノニム

Felis badia Gray, 1874

和名
ボルネオヤマネコ
英名
Bay cat
Bornean red cat

Bay cat distribution map.png

ボルネオヤマネコCatopuma badia)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)ネコ科に分類される食肉類。

分布[編集]

インドネシアマレーシアボルネオ島固有種[1][2]

形態[編集]

体長50-68センチメートル[1][2]。尾長32-43センチメートル[1][2]体重2-4キログラム[1][2]。頸部の体毛は逆向きに生える[2]。全身の毛衣は赤褐色[2]。頭部には不明瞭な3本の縞模様が入る[1][2]。胸部や腹面、四肢には不明瞭な斑点が入る[2]。耳介外側の毛衣は黒いが、白い斑紋(虎耳状斑)が入らない[1]。尾の毛衣は先端寄りでは白くなり[1]、黒い斑紋が入る[2]

生態[編集]

標高900メートル周辺にある森林やその周辺の岩場に生息する[2]

食性は動物食で、小型哺乳類や鳥類などを食べる[1][2]

人間との関係[編集]

1855-1992年までの間に9頭しか捕獲例がない[2]

開発による生息地の破壊などにより生息数は減少している[2]。インドネシアとマレーシアでは法的に保護の対象とされている[2]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、159頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ5 東南アジアの島々』、講談社2000年、130頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Hearn, A., Sanderson, J., Ross, J., Wilting, A. & Sunarto, S. 2008. Pardofelis badia. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.