ボルネオヤマネコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボルネオヤマネコ
ボルネオヤマネコ
ボルネオヤマネコ Catopuma badia
保全状況評価[1][2]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
: Catopuma
: ボルネオヤマネコ C. badia
学名
Catopuma badia (Gray, 1874)[2]
シノニム

Felis badia Gray, 1874[2]
Pardofelis badia[2]

和名
ボルネオヤマネコ[3][4]
英名
Bay cat
Bornean red cat
[3][4]

Bay cat distribution map.png

ボルネオヤマネコCatopuma badia)は、食肉目ネコ科Catopuma属に分類される食肉類。

分布[編集]

インドネシアマレーシアボルネオ島[3][4][2]

模式産地はサラワク州(マレーシア)。

形態[編集]

体長50 - 67センチメートル[4]。尾長32 - 40センチメートル[4]体重3 - 4キログラム[4]。頸部の体毛は逆向きに生える[4]。毛衣は赤褐色で、腹面は淡色[4]。頭部には3本の縞模様が入る[3]。胸部や腹面、四肢には不明瞭な斑点が入る[4]。尾の毛衣は先端寄りでは白くなり[3]、黒い斑紋が入る[4]

耳介外側の毛衣は黒いが、白い斑紋(虎耳状斑)が入らない[3]

分類[編集]

ネコ科内では初期に分化した系統として、Pardofelis属に含める説もあった[2]。一方でPardofelis属のマーブルキャットとは頭骨の形状、長い尾や柔軟性のある四肢の関節など樹上棲に特化した形態ではないことから、本種とアジアゴールデンキャットCatopuma属を構成する説もある[2]

生態[編集]

標高900メートル周辺にある森林やその林縁にある岩場に生息する[4]。標高1,800メートルで不確実な発見例がある[2][4]

食性は動物食で、小型哺乳類や鳥類などを食べる[3]

人間との関係[編集]

1855 - 1992年までの間に9頭しか捕獲例がない[4]

森林伐採による生息地の破壊などにより生息数は減少している[2][4]。インドネシアとマレーシアでは法的に保護の対象とされている[2][4]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<http://www.cites.org/>(accessed August 15, 2015)
  2. ^ a b c d e f g h i j Hearn, A., Sanderson, J., Ross, J., Wilting, A. & Sunarto, S. 2008. Catopuma badia. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2015.2. <http://www.iucnredlist.org>. Downloaded on 15 August 2015.
  3. ^ a b c d e f g 成島悦雄 「ボルネオヤマネコ」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、159頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 小原秀雄 「ボルネオヤマネコ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ5 東南アジアの島々』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、130頁。

関連項目[編集]