サイエンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Science 


学術分野 学際
査読 あり
言語 英語
詳細
出版社 アメリカ科学振興協会
出版国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出版歴 1880年–現在
(3 series of volumes)
出版間隔 週刊
インパクトファクター 33.611(2014年)
分類
ISSN 0036-8075 (印刷物用)
1095-9203 (ウェブ用)
LCCN 00-227002
外部リンク
プロジェクト:出版Portal:書物
テンプレートを表示

サイエンス』(英語: Science)は、1880年に創刊され、現在アメリカ科学振興協会 (AAAS) によって発行されている科学学術雑誌である。

概説[編集]

世界で特に権威がある学術雑誌の一つとされている[1][2]査読記事が掲載される雑誌であり、週刊で約13万部印刷されている。刊行は米国時間で毎週金曜日に行われる。読者数はオンライン版も合わせて100万人あまりと公表されている[3]

同誌の主要項目は、オリジナルの学術論文[注 1]の発表および研究結果のレビューである。その他にも科学関連のニュース意見の掲載を行うこともある。掲載される分野は、科学全般に渡っており、同様の学術雑誌であるネイチャーとの比較はよく行われる。

発行は、アメリカ科学振興協会が行っているが、論文の投稿に当たっては、協会の会員などである必要はなく、全世界から論文の投稿を受け付けている。掲載基準は厳しく、投稿論文の10%以下しか掲載されず、それらの投稿も査読を経る必要がある。そのために、同誌の権威は高く、学術界において特に引用される雑誌の一つとなっている。

編集部はアメリカ合衆国ワシントンD.C.にあり、第二事務所がイギリスケンブリッジにある。

また、ライフサイエンス分野の翻訳会社である株式会社アスカコーポレーションが日本における総合代理店業務を行っている[4]

毎年6月から翌年5月に掲載された研究論文のうち、特に基礎科学の進展に深く貢献するデータや理論、広く影響を及ぼす技術的成果を発表した論文を選定し、その全著者にニューカム・クリーブランド賞が授与される[5]

歴史[編集]

1880年にニューヨークのジャーナリスト、ジョン・マイケルズによって創刊された。当初、トーマス・エジソン、後にはグラハム・ベルの資金援助があった。1880年グラハム・ベルは、人間のの記録と再生についての研究を本誌に発表。しかし、十分な購読者を得られなかったために、1882年3月には一旦休刊した。1883年サミュエル・H・スカッダーSamuel Hubbard Scudder)により再開され、AAASを含むアメリカの著名な学会の会合について記事を掲載することである程度の成功を収めたが[6]、資金難により1894年には500ドルでジェームズ・キャッテルに売却された。

キャッテルは、1900年にアメリカ科学振興協会と協力関係を築き、サイエンスを協会の定期刊行物とすることに成功した[7]20世紀初期においては、トーマス・ハント・モーガン遺伝子の研究やアルバート・アインシュタイン重力レンズの研究、エドウィン・ハッブル銀河に関する論文が掲載され、同誌の評価を高めた[8]。キャッテルは1944年に亡くなり、同誌の発行権はアメリカ科学振興協会に移った[9]

キャッテルの死後は一貫した編集者がしばらく決まらなかったが、1956年グラハム・デュシェーンが編集長に就任した。1962年から1984年までは、物理学者ネプツニウム発見でも知られるフィリップ・アベルソンが編集長を務めた。アベルソンは査読プロセスの効率を改善し、現在の出版方式を定着させた[10]。この間、アポロ計画に関連した論文やエイズの初期報告が掲載された[11]

1985年から1995年までは、生化学者ダニエル・コシュランドDaniel E. Koshland, Jr.)が編集長を務めた。1995年から2000年までは神経科学者フロイド・ブルームFloyd E. Bloom)が後を引き継いだ[11]

2000年には生物学者ドナルド・ケネディDonald Kennedy)が編集長に就任。2008年3月には生化学者ブルース・アルバーツBruce Alberts)が後を引き継いだ[12]

2001年2月ヒトゲノムのドラフト配列解読結果がネイチャー誌とほぼ同時に掲載された。サイエンス誌が掲載したのは Celera Genomics という企業の論文で、ネイチャー誌が掲載したのはヒトゲノム計画の論文だった。

尚、2006年6月2日号は「はやぶさ特集号(Special Issue: Hayabusa at Asteroid Itokawa)」と題され、小惑星イトカワの画像が表紙に用いられ、はやぶさのイトカワ探査関連の論文が一挙に7本掲載された。日本発の研究による同誌の特集はこれが初の出来事となった[13]。ちなみに、日本関連ではその後、2007年12月7日号が「ひので特集号」とされ、ひのでの撮影した映像が表紙を飾り、9本の論文が掲載された。

2007年ネイチャー誌と共にアストゥリアス皇太子賞のコミュニケーションおよびヒューマニズム部門を受賞。

事件と批判[編集]

同誌はヘンドリック・シェーンが52Kで超伝導を観測したとする論文を2000年に掲載したが(Science 288, 2338 (2000))、2002年、シェーンがデータを捏造していたことが第三者の指摘で判明すると、シェーンが投稿した8本の論文の掲載を取りやめた。

MDMA(「エクスタシー」)の神経毒性に関する2002年にサイエンスで公表された論文に薬瓶の取り違いに起因するミスがあったことが判明し、論文は2003年に撤回され、議論を引き起こした(MDMAのドーパミン作動性神経毒性についての撤回された論文を参照)。

また、黄禹錫がヒトクローン胚から胚性幹細胞を作ることに成功したとする論文を掲載したが、2006年にソウル大学校科学における不正行為があったとして論文を撤回したため、サイエンス誌も批判されることになった。委員会が設置され、なぜ査読プロセスが騙されたのかを調査し、サイエンス編集部は計画的な不正に対してほとんど無力だったとした。委員会は、投稿された論文を今後議論を呼ぶか否かで分類することを勧めた。そして論争になりそうな論文は、徹底的により多くの人に見てもらうべきだとした。サイエンス誌側は、ネイチャー誌も似たような掲載基準を採用していたことを示唆している[14]

当時の編集長のケネディは同社の査読システムを擁護し、不正を見抜くには「コストがかかり、ごくまれにしかいない詐欺師をつかまえるために多くの罪もない科学者に不快な思いをさせることになる」とした[15]

オンラインでの閲覧[編集]

掲載された論文や記事は一部無料で公開されており、AAAS会員になることで全文を閲覧することができる。記事は、一部のみをオンラインで購入することも可能である。サイエンスはAAAS(米国科学振興協会)が発行する学術誌であり、AAAS会員になるとオンライン全文と冊子を郵送で受け取ることができる。法人の場合は、サイトライセンス契約をすることにより、その機関でのIPアドレスを利用してオンラインの閲覧が可能となる。

姉妹誌[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ AAAS – AAAS News Release”. Aaas.org. 2010年5月15日閲覧。
  2. ^ AAAS Annual Report-Science”. Aaas.org. 2010年5月15日閲覧。
  3. ^ EurekAlert!ファクトシート”. AAAS. 2017年4月1日閲覧。
  4. ^ Science”. 医薬翻訳のアスカコーポレーション. 2022年10月28日閲覧。
  5. ^ 清末優子ユニットリーダーが米国科学振興協会ニューカム・クリーブランド賞を受賞理化学研究所
  6. ^ AAAS, "150 Years of Advancing Science: A History of AAAS Origins: 1848–1899", 2004
  7. ^ AAAS, "150 Years of Advancing Science: A History of AAAS AAAS and Science: 1900–1940", 2004
  8. ^ AAAS and Science: 1900–1940”. American Association for the Advancement of Science. 2006年8月27日閲覧。
  9. ^ AAAS – History and Archives”. American Association for the Advancement of Science. 2006年8月27日閲覧。
  10. ^ AAAS and the Maturing of American Science: 1941–1970”. American Association for the Advancement of Science. 2006年8月27日閲覧。
  11. ^ a b Change and Continuity: 1971 to the Present”. American Association for the Advancement of Science. 2006年8月27日閲覧。
  12. ^ Bruce Alberts Named New Editor-in-Chief of Science”. American Association for the Advancement of Science. 2007年12月18日閲覧。
  13. ^ 読売新聞、2006年6月2日。
  14. ^ “Handle with care”. The Economist. (2006年11月30日). http://www.economist.com/research/articlesBySubject/displaystory.cfm?subjectid=526354&story_id=8348799 2007年8月5日閲覧。 
  15. ^ Kennedy, Donald (13 January 2006). “Good News-and Bad”. Science 311 (5758): 145. doi:10.1126/science.1124498. PMID 16410489. 
  16. ^ AAAS | Science Signaling | About Science Signaling”. Stke.sciencemag.org (2007年12月18日). 2010年5月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]