ハイイロネコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハイイロネコ
Chinese Mountain Cat (Felis Bieti) in XiNing Wild Zoo.jpg
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: 食肉目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
: ネコ属 Felis
: ハイイロネコ F. bieti
学名
Felis bieti
Milne-Edwards1892
和名
ハイイロネコ
英名
Chinese Mountain Cat

ハイイロネコChinese Mountain Cat荒漠貓、漠貓、中國山貓、草猞猁)は中国西部に固有の小型の野生の猫である。ネコ属では最も知られていない種である。

形態[編集]

毛の色を除いて、身体的な特徴はヨーロッパヤマネコと良く似ている。29-40cmの尾を除いた体長は68.5-84cmであり、成獣の重さは4.5-9kgである。毛皮は砂色で、下部は白く、脚と尾には黒い輪の模様がある。

生態[編集]

ハイイロネコは夜行性でネズミや鳥などを食べる。中国政府に保護されているが、ネズミ捕り用の毒を飲んでしまったり食糧が減ったりしてその存在は脅かされている[1]

分布[編集]

チベット自治区青海省甘粛省四川省に点在する森や低木地に分布し、時には砂漠にも現れる。また標高3000mの高さでも生活することができる[1]

分類[編集]

2007年に発表されたマイクロサテライトミトコンドリアDNAを用いた研究によると、この両者でハイイロネコの系統的位置が食い違うことから、ハイイロネコはヨーロッパヤマネコ亜種間交雑に由来すると考えられる。もしそうであれば学名はFelis silvestris bietiとなる[2]。しかしその後の分子系統解析の結果も反映させた2017年の分類体系では独立種とされている[3]

亜種としてF. b. chutchtaF. b. vellerosaを認める場合があるが、ネコ属他種の誤同定だと考えられている[3]

出典[編集]

  1. ^ a b He L., Garcia-Perea R., Li M., Wei F. (2004年). “Distribution and conservation status of the endemic Chinese mountain cat Felis bieti”. Oryx 38: 55–61. doi:10.1017/s0030605304000092. 
  2. ^ Driscoll et al. (2007年). “The Near Eastern origin of cat domestication”. Science 317 (5837): 519-523. doi:10.1126/science.1139518. 
  3. ^ a b IUCN SSC Cat Specialist Group (2017年). Genus Felis. “A revised taxonomy of the Felidae”. Cat News (Special Issue 11): 11-21. https://repository.si.edu/bitstream/handle/10088/32616/A_revised_Felidae_Taxonomy_CatNews.pdf.