ベンガルヤマネコ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベンガルヤマネコ属
Bengalkatze.jpg
ベンガルヤマネコ Prionailurus bengalensis
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
亜科 : ネコ亜科 Felinae
: ベンガルヤマネコ属 Prionailurus
学名
Prionailurus Severtzov, 1858[1][2]
タイプ種
Felis pardochrous Hodgson, 1844
(= Felis bengalensis Kerr, 1792)[2]
和名
ベンガルヤマネコ属[3]
Prionailurus range.png
ベンガルヤマネコ属の分布図

ベンガルヤマネコ属 (Prionailurus) は、哺乳綱食肉目ネコ科に分類されるの一つ。別名プリオナイルルス属[4]

マライヤマネコ(マレーヤマネコ)やスナドリネコなどのアジアヤマネコ類を含む。日本ではベンガルヤマネコの亜種として対馬ツシマヤマネコ(アムールヤマネコ)、西表島イリオモテヤマネコが生息する[4][5]

分類[編集]



ネコ属Felis (Domestic cat lineage)




マヌルネコOtocolobus manul




サビイロネコPrionailurus rubiginosus




マライヤマネコP. planiceps




ベンガルヤマネコP. bengalensis



スネドリネコP. viverrinus







Leopard cat lineageとネコ属の系統関係[6][7]

ネコ科現生種の分子系統樹推定によれば、本属はマヌルネコOtocolobus属)とともにLeopard cat lineageを構成する[6][7]。Leopard cat lineageの姉妹群であるDomestic cat lineage(ネコ属)とはおよそ725万年前に分岐したと考えられている[1]

IUCN SSC Cat Specialist Group (2017) では以下の5種を認めている。和名は今泉 (1988) および川田ら (2018) に、英名はIUCN SSC Cat Specialist Group (2017) に従う[1][3][8]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Kitchener A. C., Breitenmoser-Würsten Ch., Eizirik E., Gentry A., Werdelin L., Wilting A., Yamaguchi N., Abramov A. V., Christiansen P., Driscoll C., Duckworth J. W., Johnson W., Luo S.-J., Meijaard E., O’Donoghue P., Sanderson J., Seymour K., Bruford M., Groves C., Hoffmann M., Nowell K., Timmons Z. & Tobe S. (2017). “A revised taxonomy of the Felidae. The final report of the Cat Classification Task Force of the IUCN/SSC Cat Specialist Group”. Cat News Special Issue 11, pp. 1-80.
  2. ^ a b W. Christopher Wozencraft (2005). “Order Carnivora”. In Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (eds.). Mammal Species of the World: A Taxonomic and Geographic Reference (3rd ed.). Johns Hopkins University Press. pp. 532-628. http://www.departments.bucknell.edu/biology/resources/msw3/browse.asp?id=14000180. 
  3. ^ a b 川田伸一郎・岩佐真宏・福井大・新宅勇太・天野雅男・下稲葉さやか・樽創・姉崎智子・横畑泰志世界哺乳類標準和名目録」『哺乳類科学』第58巻 別冊、日本哺乳類学会、2018年、1-53頁。
  4. ^ a b 増田隆一遺伝子からみたイリオモテヤマネコとツシマヤマネコの渡来と進化起源」『地学雑誌』第105巻 3号、東京地学協会、1996年、354-363頁。
  5. ^ 増田隆一・茂原信夫日本産食肉目の種名検討」〈シリーズ 日本の哺乳類 種名検討編〉『哺乳類科学』第37巻 1号、日本哺乳類学会、1997年、87-93頁。
  6. ^ a b Warren E. Johnson, Eduardo Eizirik, Jill Pecon-Slattery, William J. Murphy, Agostinho Antunes, Emma Teeling, Stephen J. O'Brien (2006). “The Late Miocene Radiation of Modern Felidae: A Genetic Assessment”. Science, 311 (5757), 73-77.
  7. ^ a b Gang Li, Brian W. Davis, Eduardo Eizirik, and William J. Murphy (2016). “Phylogenomic evidence for ancient hybridization in the genomes of living cats (Felidae)”. Genome research, 26 (1), 1-11.
  8. ^ 今泉吉典監修「ネコ科」『世界哺乳類和名辞典』平凡社、1988年、310-319頁。

関連項目[編集]