大臼歯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤い部分がヒトの大臼歯

大臼歯(だいきゅうし、Molar)とは、ほとんどの哺乳類において歯列の一番後方(小臼歯の遠心側)にあるで、通常、食物を噛み潰し、挽く用途で使われるので、「」の歯という意味で大臼歯と名づけられた。

概要[編集]

人間では、通常三対(十二本)の大臼歯を持つが、一番後ろの第三大臼歯親知らず智歯)は、現代人では最初から存在しない人も多く、存在しても、現代人の顎では、萌出(ほうしゅつ、生え出す)するスペースがないために、水平埋伏になるなど、正常な萌出を行わないことも珍しくない。この場合、放置すると智歯周囲炎が発生したり、第二大臼歯にまで悪影響が出るため、抜歯等を行う。また、第二大臼歯も正常な萌出を行わない人も増えている[1]

また、逆に過剰歯として、第四大臼歯が第三大臼歯の後方に萌出する事もまれにある。

動物の大臼歯は、種により異なることが多い。

三咬頭臼歯
モグラ目や若いカモノハシ(カモノハシは成獣になると歯を持たない)にみられる。上顎大臼歯は三つの咬頭がある山脈のように見え、下顎大臼歯は咬頭が二つで、三つ目の咬頭は、側面に存在する。
長方形
この種類の臼歯は人間を含む多くの種に見られる。4~5個の咬頭が長方形の中に配置されている。
臼状歯(ブノドント、丘状歯とも)
咬頭が鋭くなく、完全な丘状となっている。
長冠歯
gumlineや歯髄の上に多くの象牙質エナメル質が存在する。この種の大臼歯は、歯の磨耗の程度が大きい、ウマのような哺乳動物で見つかる。
Zalambdodont(ザランブドドント)
二つの隆線が、Λ型で交わる。
Dilambdodont
Zalambdodontのようであるが、Λが二つある。
横堤歯
顎に垂直ないくつかの隆線を持つ。
月状歯(セレノドント)
三日月形の隆線を持つ。隆線は一つのこともあれば複数の事もある。
Loxodont
いくつかの平行に並んだ隆線を持つ。Loxodontaはこの特長により命名された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大森智栄「大学生における第二大臼歯の萌出状態と口腔内の因子との関係」『口腔衛生学会雑誌』第65巻第1号、日本口腔衛生学会、2015年1月30日、 17頁、 doi:10.5834/jdh.65.1_17

ヒトの大臼歯[編集]