ヨーロッパヤマネコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨーロッパヤマネコ
ヨーロッパヤマネコ
ヨーロッパヤマネコ Felis silvestris
保全状況評価[1][2][3]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
亜目 : ネコ型亜目 Feliformia
: ネコ科 Felidae
亜科 : ネコ亜科 Felinae
: (ネコ族 Felini)
: ネコ属 Felis
: ヨーロッパヤマネコ F. s. silvestris
学名
Felis silvestris
Schreber, 1777[4]
和名
ヨーロッパヤマネコ[5]
英名
w:Wildcat
Felis-silvestris2.png
2007年のDNA解析による5亜種の分布[6]

ヨーロッパヤマネコFelis silvestris)は、食肉目ネコ科ネコ属に分類される食肉類。

スカンジナビアイングランドウェールズでは絶滅して生息していない。

呼称[編集]

日本では一般に野生の小型ネコ類を「山猫(やまねこ)」と総称するが、本項で解説するヤマネコ(Felis silvestris)はそれらのうちの1種である。広義の山猫については「ヤマネコ」を参照のこと。本種はツシマヤマネコイリオモテヤマネコなどとはの水準で別系統であり、日本には、家畜種であるイエネコを除きヤマネコ種の動物は棲息しない。

本種は「ヨーロッパヤマネコ」と呼ばれることもあるが、これは本種に含まれる亜種の一つ・F. s. silvestris和名でもある[要出典]

概要[編集]

小型の哺乳類、その他の生物を捕食する。地域により異なった亜種が知られているが、近年はイエネコ(いわゆるネコ)がFelis silvestris catusとして本種に含められることが多い。イエネコは後述するように、人類によってヤマネコの亜種の1つから作出された家畜種であるが、世界中の居住可能な大陸のすべてと大きなのほとんどに導入されており、それらの環境の多くで野生化し、ノネコ野良猫)となっている。

原生地の環境において、本種はサバンナ疎林ステップなどさまざまなタイプの棲息地に適応可能である。家畜種であるイエネコには多様な形態と毛色が見られるが、野生のヤマネコは、黒い縞の入った中間調の褐色で、体長45-80cm、体重3-8kg、肩高は平均35cmほど、尾長は30cmほどである。アフリカに分布する亜種はやや小柄で、色も明るめの褐色であることが多い。

非常に臆病であり、人間の居住地に近づきすぎることを避ける。単独で生活し、約3平方キロメートルのなわばりをもつ。

分類[編集]

2007年アメリカ国立癌研究所などアメリカドイツイスラエルスペインフランススコットランドの研究者からなる国際研究チームが、世界各地のイエネコと3大陸に棲息するヤマネコ類5グループ、計979頭から採取されたミトコンドリアDNAを分析した。

その結果、これらがいずれも同一種Felis silvestris(ヤマネコ)の亜種であることが確認された(亜種を参照)。さらに、イエネコは10万年以上前の中東地域に棲息していたリビアヤマネコF. s. libyca)の一群を祖先とし、地中海東部沿岸地域で少なくとも5種類の母性系統から家畜化されたことが明らかになった[6][7][8][9]

本種と系統的に最も近いネコ類はスナネコである。

2007年に発表されたゲノム解析によれば、本種は5つの亜種からなる[6]

古い資料は上記以外の亜種も記載しているが、その分類法は研究者によって一定しない。一例として以下の分類はMSW3(Wozencraft,2005)に従う[4]

  • Felis silvestris silvestris Schreber, 1777
  • Felis silvestris cafra Desmarest, 1822
  • Felis silvestris caucasica Satunin, 1905
  • Felis silvestris caudata Gray, 1874
  • Felis silvestris cretensis Haltenorth, 1953
  • Felis silvestris foxi Pocock, 1944
  • Felis silvestris gordoni Harrison, 1968
  • Felis silvestris grampia Miller, 1907
  • Felis silvestris griselda Thomas, 1926
  • Felis silvestris haussa Thomas & Hinton, 1921
  • Felis silvestris iraki Cheesman, 1921
  • Felis silvestris jordansi Schwarz, 1930
  • Felis silvestris lybica Forster, 1780
  • Felis silvestris mellandi Schwann, 1904
  • Felis silvestris nesterovi Birula, 1916
  • Felis silvestris ocreata Gmelin, 1791
  • Felis silvestris ornata Gray, 1832
  • Felis silvestris reyiLavauden, 1929
  • Felis silvestris rubida Schwann, 1904
  • Felis silvestris tristrami Pocock, 1944
  • Felis silvestris ugandae Schwann, 1904
  • Felis silvestris vellerosa Pocock, 1943

以下に示すのは、MSW3による分類である。

  • アフリカ系亜種
    • Felis silvestris cafra:アフリカ南部
    • Felis silvestris foxi:アフリカ西部
    • Felis silvestris griselda:アフリカ中央部
    • リビアヤマネコ Felis silvestris lybica:アフリカ北部
      • イエネコ Felis silvestris catus:家畜種
    • Felis silvestris ocreata:中央アフリカ東部
    • Felis silvestris mellandi:中央アフリカ西部
  • アジア系亜種
    • Felis silvestris caudataカスピ海地域
    • ステップヤマネコ Felis silvestris ornata:インドからイランにかけて
    • ハイイロネコ Felis silvestris bieti:(亜種である可能性のある個体群)
リビアヤマネコや家猫と比べ体格が大きく、分厚い毛と身体の大きさが大きな特徴となっている。通常、ヤマネコは家猫とは混同されることはないが、一方でどのようにして正確にこの二つを区別しているのかははっきりしていない(ある調査によると区別の間違いは39%の確率で発生していたとも言われる)[10]。家猫と違い、昼間に活動的なのも特徴とされる。
更新世の時代にヨーロッパに多く生息した。氷河が消え去ると森の中での生活に適応したが、多くのヨーロッパの国々では最近はあまり見られなくなった。法的に保護されてはいるが、家猫と見間違えられてハンターに撃たれることがある。スコットランドでは野猫との交配もヤマネコの数に危機を及ぼしているとされる。しかし、どれだけの野猫との交配がヤマネコの数に影響を与えているのか、実際にどれほど純血のヤマネコが存在するのかは分かっていない。また、ヤマネコと野猫が問題なく交配していることは、ヤマネコと野猫の雑種が野生の猫(タビーや色の濃いタイプで大きい猫)として順応していることからも、生態という観点からすれば純血であるということはさして大きな問題ではないともいえる。
イベリア半島では、ドゥエロ川エブロ川の北に住むヨーロッパ型と、その他の地域に住む大型のイベリア型で過去にF. s. tartessiaと言われる別の亜種と考えられていた種類と、大きく分けて二種類のタイプが生息している[11]。イベリア型の雄は最大で体長65cm、尾長34.5cm、体重7.5kgにまで及ぶ。彼らはまた、あまり広がっていない縞模様と体格に応じて大型の犬歯を持ち、ドゥエロ川・エブロ川以北のグループが小型齧歯類を餌とするのに対し、イベリア型はウサギ類を捕食する割合が高い[12]古生物学者ビョーン・クーテン博士は著書の「ヨーロッパにおける更新世哺乳類」(1963)の中で、このいわゆるイベリア型亜種は更新世氷河期にヨーロッパ全土で見られた体型と大きさを特異的に保持しているのだと記している。両タイプの生息環境も異なり、北部のヨーロッパ型が主に落葉性のヨーロッパナラ(Quercus robur)の森林に棲むのに対し、南部のイベリア型は常緑性のセイヨウヒイラギガシ(Quercus ilex)の森に棲む[12]
スペインポルトガルは西ヨーロッパでも特にヤマネコの生息数が多いとされているが、この地域では野猫との交配による危機で生息場所も失っている。
東側の生息地はウクライナモルドバコーカサス地方で、家猫との雑種も最も少ないとされている[10]
  • 不明
    • Felis silvestris chutuchta
    • Felis silvestris gordoni
    • Felis silvestris haussa
    • Felis silvestris iraki
    • Felis silvestris nesterovi
    • Felis silvestris rubida
    • Felis silvestris tristrami
    • Felis silvestris ugandae
    • Felis silvestris vellerosa[要出典]

人間との関係[編集]

イエネコとの競合や感染症の伝搬・遺伝子汚染、交通事故、害獣としての駆除などにより生息数が減少している[3]。1977年にネコ科単位でワシントン条約附属書IIに掲載されている[2]

出典[編集]

  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Accessed[リンク切れ] 22/2/2017)
  2. ^ a b UNEP (2017). Felis silvestris. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Accessed 22/2/2017)
  3. ^ a b Yamaguchi, N., Kitchener, A., Driscoll, C. & Nussberger, B. 2015. Felis silvestris. The IUCN Red List of Threatened Species 2015: e.T60354712A50652361. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2015-2.RLTS.T60354712A50652361.en. Downloaded on 22 February 2017.
  4. ^ a b W. Christopher Wozencraft, "genus Lynx," Mammal Species of the World, (3rd ed.), Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Volume 1, Johns Hopkins University Press, 2005, Pages 536-537.
  5. ^ 成島悦雄 「ヨーロッパヤマネコ」『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』今泉吉典監修、東京動物園協会、1991年、163-164頁
  6. ^ a b c « The Near Eastern Origin of Cat Domestication », Science, 29 june 2007. : summary. Authors : Carlos A. Driscoll and al.(M. Menotti-Raymond, A.L. Roca, W.E. Johnson et S.J. O'Brien from the National Cancer Institute in Frederick, MD ; C.A. Driscoll, N. Yamaguchi & D. Macdonald of the Oxford University, Oxford, UK ; A.L. Roca of SAIC-Frederick society, Inc. in Frederick, MD ; K. Hupe of Jagd Einrichtungs Büro in Fürstenhagen, Germany ; E. Geffen Tel Aviv University, Tel Aviv, Israel ; E. Harley Cape Town University, Cape Town, South-Africa ; M. Delibes, CSIC, Seville, Espagna ; D. Pontier, UMR-CNRS 5558, Villeurbanne, France ; D. Pontier, Université Claude Bernard Lyon I à Villeurbanne, France ; A.C. Kitchener, National Museums of Scotland, Scotland, UK.).
  7. ^ 「人類史上初のイエネコは1万年前に中東でネズミを捕っていた」 AFP, 2007年06月29日.
  8. ^ 「イエネコの祖先は近東出身」 Archived 2007年7月1日, at the Wayback Machine. Science, 今週のハイライト, 2007年6月29日.
  9. ^ Study Traces Cat's Ancestry to Middle East”. 2007年6月29日閲覧。
  10. ^ a b European Wildcat”. IUCN/SSC Cat Specialist Group (IUCN - The World Conservation Union). 2007年1月2日閲覧。
  11. ^ Purroy, F.J. and Varela, J.M. (2003). Guía de los Mamíferos de España. Península, Baleares y Canarias. Lynx Edicions, Barcelona.
  12. ^ a b "Felis silvestris Schreber, 1777", pp. 333–338 in Red Book of Iberian Mammals (Spanish). magrama.gob.es

関連項目[編集]

外部リンク[編集]