Opinion 2027

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Opinion 2027は、野生種とそれから派生した家畜種17種の保留名に関する動物命名法国際審議会 (ICZN)の意見書である[1]Opinion 2027はケース3010とそれに続くコメントに対する返答である[2]

この規定が示すのはもし野生種とそこから派生した家畜種が同一種であるとみなされるとき、その種の学名は野生種の学名であるということである。これらの17種の野生種が関連する家畜種よりに命名された場合は、保留名として使用が認められる。

該当種[編集]

以下の通りである。(野生種/家畜種)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ International Commission on Zoological Nomenclature, Opinion 2027 (Case 3010): Usage of 17 specific names based on wild species which are pre-dated by or contemporary with those based on domestic animals (Lepidoptera, Osteichthyes, Mammalia): conserved 
  2. ^ Anthea Gentry, Juliet Clutton-Brock, and Colin P. Groves, Comment on the proposed conservation of usage of 15 mammal specific names based on wild species which are antedated by or contemporary with those based on domestic animals 

関連項目[編集]