ヨハネス・ペーター・ミュラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨハネス・ペーター・ミュラー
Johannes Peter Müller
Johannes Peter Müller.jpg
ヨハネス・ペーター・ミュラー
生誕 1801年7月14日
コブレンツ
死没 1858年4月28日(1858-04-28)(56歳)
ベルリン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
研究分野 生理学
出身校 ボン大学
論文 Commentarii de phoronomia animalium (1822)
博士課程
指導教員
アウグスト・マイヤードイツ語版[1]
他の指導教員 カール・ルドルフィ
博士課程
指導学生
ヘルマン・フォン・ヘルムホルツ
ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・フィルヒョウ
影響を
与えた人物
チャールズ・シェリントン
ヤーコプ・フォン・ユクスキュル
プロジェクト:人物伝

ヨハネス・ペーター・ミュラー(Johannes Peter Müller、1801年7月14日コブレンツ - 1858年4月28日)は、19世紀ドイツ生理学解剖学者、医師。ベルリン大学教授。

医学、動物学の多方面にわたって、多くの業績を残した。高等動物の生殖器のミュラー管、扁形動物のミュラー幼生などに名前を残している。また彼はプランクトン学の端緒を開き、ウニの発生の研究中、顕微鏡下に微細な生物(ヴィクトール・ヘンゼンによりプランクトンと後に名づけられた)を見つけ、これを大量に採取するため、目の細かいの布き網を考案した。これによって新しいプランクトンが続々と発見されていった。弟子には、テオドール・シュワンなど。

出典[編集]

  1. ^ Neurotree profile Johannes Peter Müller