チャールズ・シェリントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャールズ・スコット・シェリントン
Sir Charles Scott Sherrington
Charles Scott Sherrington2.jpg
生誕 1857年11月27日
イギリスの旗 イギリス イングランドの旗 イングランド イズリントン
死没 1952年3月4日(満94歳没)
イギリスの旗 イギリス イングランドの旗 イングランド イーストボーン
市民権 イギリスの旗 イギリス
研究分野
研究機関
出身校
指導教員
博士課程
指導学生
影響を
受けた人物
影響を
与えた人物
主な受賞歴
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1932年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:神経細胞の機能に関する発見

サー・チャールズ・スコット・シェリントン(Sir Charles Scott Sherrington, 1857年11月27日1952年3月4日)はイギリスの生理学者である。1932年神経細胞の研究でノーベル生理学・医学賞エドガー・エイドリアンと受賞した。

近代神経生理学のパイオニアでシナプスの命名者である。関節の筋が収縮すると、その逆側の筋(拮抗筋)が弛緩すると言う『シェリントンの法則』に名前が残っている。

シェリントンはロンドンに生まれた。ケンブリッジ大学マイケル・フォスターに生理学を学び、1887年からはセント・トマス・メディカル・スクール(現キングス・カレッジ・ロンドン)に務めた。1895年にリヴァプール大学の教授になり、1913年にはオクスフォード大学生理学の教授になった。1893年に王立協会のフェローに選出され、1920年から1925年の間は会長を務めた[8]。1924年メリット勲章を叙勲した。1935年に引退した。

受賞歴[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Neurotree profile: Charles Scott Sherrington
  2. ^ Eccles, J. (1968). “Two Hitherto Unrecognized Publications by Sir Charles Sherrington, O.M., F.R.S”. Notes and Records of the Royal Society 23: 86–26. doi:10.1098/rsnr.1968.0012. 
  3. ^ Eccles, J. C. (1957). “Some Aspects of Sherrington's Contribution to Neurophysiology”. Notes and Records of the Royal Society 12 (2): 216–225. doi:10.1098/rsnr.1957.0012. 
  4. ^ Tansey, E. M. (2008). “Working with C. S. Sherrington, 1918-24”. Notes and Records of the Royal Society 62 (1): 123–130. doi:10.1098/rsnr.2007.0037. PMC 2628577. PMID 18548907. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2628577. 
  5. ^ Hill, A. V. (1975). “Jewels in My Acquaintance with C. S. Sherrington, F.R.S”. Notes and Records of the Royal Society 30 (1): 65–68. doi:10.1098/rsnr.1975.0006. PMID 11615581. 
  6. ^ Todman, D. (2008). “Wilder Penfield (1891–1976)”. Journal of Neurology 255 (7): 1104–1105. doi:10.1007/s00415-008-0915-6. PMID 18500490. 
  7. ^ Sherrington, C. E. (1975). “Charles Scott Sherrington (1857-1952)”. Notes and Records of the Royal Society of London 30 (1): 45–63. doi:10.1098/rsnr.1975.0005. PMID 11615580. 
  8. ^ Sherrington; Sir; Charles Scott (1857 - 1952)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
先代:
ジョゼフ・ジョン・トムソン
王立協会会長
1920-1925
次代:
アーネスト・ラザフォード