スペンサー・コンプトン (第2代ノーサンプトン侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第2代ノーサンプトン侯スペンサー・コンプトン

第2代ノーサンプトン侯爵スペンサー・ジョシュア・オルウィン・コンプトン(Spencer Joshua Alwyne Compton, 2nd Marquess of Northampton; 1790年1月2日 - 1851年1月17日)は、イギリスの貴族。王立協会の会長を務めた。

第9代ノーサンプトン伯爵(後の初代ノーサンプトン侯爵)の第2子として生まれる。1810年にケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで修士号を得る[1]。1812年に従兄弟にあたるスペンサー・パーシヴァルが暗殺されたことによりノーザンプトン選挙区の議席を引き継ぐが、1820年の総選挙で落選した。1820年から1830年までイタリアに滞在した。1828年ノーサンプトン侯爵を相続、貴族院議員となる。イギリスに戻った後、イギリス考古学会(1845年-1846年)、およびアイルランド考古学会(1850年-1851年)の会長を務めた。1830年に王立協会のフェローに選出され、1838年から10年間会長を務めた[2]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
初代サセックス公爵
王立協会会長
1838年 - 1848年
次代:
第3代ロス伯爵
先代:
チャールズ・コンプトン
ノーサンプトン侯爵
第2代: 1828年 – 1851年
次代:
チャールズ・ダグラス=コンプトン