カール・ピーター・ヘンリク・ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Carl Peter Henrik Dam
カール・ピーター・ヘンリク・ダム
Henrik Dam nobel.jpg
生誕 (1895-02-21) 1895年2月21日
 デンマーク コペンハーゲン
死没 (1976-04-17) 1976年4月17日(81歳没)
 デンマーク コペンハーゲン
国籍  デンマーク
研究機関 ロックフェラー研究所
出身校  
主な受賞歴 ノーベル生理学・医学賞(1943)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1943年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:ビタミンKの発見

カール・ピーター・ヘンリク・ダム(Carl Peter Henrik Dam、1895年2月21日 - 1976年4月17日)はデンマーク生化学者生理学者。1929年にコペンハーゲン大学準教授に就任した。渡米して1942年から1945年までロックフェラー医学研究所で研究に従事し、1946年からデンマーク工科大学の生化学科教授を務めた。

彼はビタミンKの発見と人体におけるその働きの解明によりエドワード・アダルバート・ドイジーとともに1943年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。彼は、ニワトリにコレステロールを全く含まない食事を与える実験を行ってビタミンKの機能を解明した。ニワトリは数週間経つと出血が制御できないようになった。ダムは血液を凝固させるのに必要な成分を単離し、凝固ビタミンと呼んだ。このビタミンは、凝固を意味するドイツ語Koagulationsの頭文字を取ってビタミンKと呼ばれるようになった。

彼はコペンハーゲンで1895年に生まれ、1976年に亡くなった。

出典[編集]