ヴァルター・ヘス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Walter Rudolf Hess
ヴァルター・ヘス
Walter Hess.jpg
生誕 (1881-03-17) 1881年3月17日
スイスの旗 スイス フラウエンフェルト
死没 1973年8月12日(1973-08-12)(92歳)
スイスの旗 スイス ロカルノ
国籍 スイスの旗 スイス
研究機関 チューリッヒ大学
チューリッヒ工科大学
出身校 チューリッヒ大学
クリスティアン・アルブレヒト大学キール
フンボルト大学ベルリン
主な受賞歴 ノーベル生理学・医学賞 (1949)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1949年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:内臓の活動を統合する間脳の機能の発見

ヴァルター・ルドルフ・ヘス(Walter Rudolf Hess、1881年3月17日 - 1973年8月12日)はスイス生理学者内臓の調節を含む間脳の機能領域をマッピングして、アントニオ・エガス・モニスとともに1949年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した[1]

トゥールガウ州フラウエンフェルトに生まれる。1906年にチューリッヒ大学で医学士となり、外科学眼科学の研修を受けた。1912年に眼科医としての仕事を辞め、研究の道に進んだ。ヘスの興味は、血液循環と呼吸の調節にあった。このような興味から、ヘスは内臓の働きを統御する間脳の機能のマッピングを始めた。1917年から1951年にかけてチューリッヒ大学の生理学の教授を務める。1973年にスイスのロカルノで亡くなった。

出典[編集]

  1. ^ His Nobel Lecture on "The Central Control of the Activity of Internal Organs"

外部リンク[編集]