ウィリアム・ハギンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sir William Huggins

サー・ウィリアム・ハギンズ(Sir William Huggins1824年2月7日1910年5月12日)はイギリス天文学者である。

生涯[編集]

個人で観測所をつくり、天体からのスペクトル線、吸収スペクトルを観測した。銀河のスペクトルが連続スペクトルをもつのに対して、星雲のスペクトルが限られた元素のスペクトルだけからなることを見出し、星雲と銀河とを区別する方法を見出した。

1865年に王立協会のフェローに選出され、1900年から1905年の間会長を務めた[1]。妻は同じく天文学者のマーガレット・リンジー・ハギンズである。

なお、彼の功績を称えて、小惑星(2635)ハギンズが彼の名を取り命名されている。

受賞歴[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Huggins; Sir; William (1824 - 1910)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
先代:
初代リスター男爵
王立協会会長
1900-1905
次代:
第3代レイリー男爵