ロイヤル・メダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョージ4世が1826年にこの賞を創設した。

ロイヤル・メダル(Royal Medal)は、王立協会が毎年イギリス連邦内で「自然界についての知識の発展に最も重要な貢献をした」2人の人物と「応用科学の分野で顕著な貢献をした」1人の人物に与える賞で、金メッキされた銀メダルが授与される[1]。1826年、ジョージ4世が創設した。当初は毎年2つのメダルを、前年に重要な発見をした者に与えていた。その後対象期間が5年間に伸び、さらに3年間に短縮された。形式はウィリアム4世ヴィクトリア女王が受け継ぎ、特にヴィクトリア女王は1837年に条件を変更したため、数学も3年おきに選考対象とされるようになった[1]。1850年に再び条件が変更され、イギリス連邦内で10年前から1年前までの間に発表された自然科学への重要な貢献2件を表彰することになった[1]

1965年、現在の形式となり、王立協会の推薦に基づいてイギリス王室が3つのメダルを毎年授与するようになった。自然科学全般を対象とするため、選考委員会は生物学関連部門と物理学関連部門に分かれている[1]

受賞者一覧[ソースを編集]

1826年~1850年[ソースを編集]

1851年~1900年[ソースを編集]

1901年~1950年[ソースを編集]

1951年~2000年[ソースを編集]

2001年~[ソースを編集]

  • 2001年: Richard Gardner(生物学)、Gabriel Horn(生物学)、Sam Edwards(物理学)
  • 2002年: Richard Peto(数学)、Suzanne Cory(遺伝学)、Ray Freeman(化学)
  • 2003年: John Skehel(ウイルス学)、Kenneth L. Johnson(工学)、ニコラス・シャックルトン(地質学)
  • 2004年: ジェームス・ブラック(化学)、Alec Jeffreys(遺伝学)、Jack Lewis(化学)
  • 2005年: Michael Pepper(物理学)、アンソニー・ポーソン(生物学)、Michael Fisher(物理学)
  • 2006年: David Baulcombe(植物学)、ティモシー・ハント(生化学) 、John Pendry(物理学)
  • 2007年: トマス・リンダール(医学)、Cyril Hilsum(物理学)、James Feast(化学)
  • 2008年: Robert E. M. Hedges(考古学)、Philip Cohen(生化学)、Alan Fersht(化学)
  • 2009年: チンターマニー・ラーオ(化学)、Ronald Laskey(分子生物学)、Chris Dobson(生物物理学)
  • 2010年: Peter Knight(量子光学)、Azim Surani(生物学)、Allen Hill(化学)
  • 2011年: Steven V. Ley(化学)、Robin Holliday(分子生物学)、Greg Winter(生物物理学)
  • 2012年: Tom Kibble(物理学)、Kenneth Murray(生物学)、Andrew Bruce Holmes(化学)
  • 2013年: Rodney Baxter(物理学)、Walter Bodmer(遺伝学)、Peter N. T. Wells(医学物理学)
  • 2014年: テレンス・タオ(数学)、Anthony R. Hunter(生化学)、Howard Morris(生物物理学)
  • 2015年: ジョスリン・ベル・バーネル(天文学)、エリザベス・H・ブラックバーン (生物学)、Christopher Llewellyn Smith(物理学)
  • 2016年: John Meurig Thomas(化学)、Elizabeth Robertson(生物学)、John Goodby(材料科学)

脚注・出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d The Royal Society - Royal medals”. The Royal Society. 2008年12月5日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]