ジェフリー・ヒントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Geoffrey Hinton
ジェフリー・ヒントン
ジェフリー・ヒントン(2023)
生誕 (1947-12-06) 1947年12月6日(76歳)
イングランドの旗 イングランド ロンドン ウィンブルドン
居住 カナダの旗 カナダ
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究分野 ニューラルネットワーク人工知能機械学習
出身校 ケンブリッジ大学学士
エディンバラ大学(PhD)
論文 Relaxation and its role in vision (1977)
博士課程
指導教員
ロングエット・ヒギンズ英語版
主な指導学生 ヤン・ルカン
主な業績 バックプロパゲーションボルツマンマシンディープラーニング
主な受賞歴 チューリング賞(2018)
ロイヤル・メダル(2022)
公式サイト
www.cs.toronto.edu/~hinton/
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ジェフリー・エヴァレスト・ヒントン: Geoffrey Everest Hinton1947年12月6日 - )は、イギリス生まれのコンピュータ科学および認知心理学の研究者。ニューラルネットワークの研究を行っており、人工知能(AI)研究の第一人者とみなされている[1]トロント大学名誉教授(2022年時点)[2][3]

経歴[編集]

ロンドンウィンブルドンに生まれた。ケンブリッジ大学キングス・カレッジに入学し、実験心理学を学んだが、生理学哲学に専攻を変更し、1970年に卒業、1978年にエディンバラ大学で人工知能の研究によりPh.D.を取得した。サセックス大学カリフォルニア大学サンディエゴ校(米国)、カーネギーメロン大学を経て、トロント大学コンピュータサイエンス学部教授に就任した。

業績[編集]

ニューラルネットワークのバックプロパゲーションボルツマンマシンオートエンコーダディープ・ビリーフ・ネットワークの開発者の1人であり、これらの研究から、後のディープラーニングを生み出す。

2012年、ImageNetを用いた画像認識コンテスト「ILSVRC」(the ImageNet Large Scale Visual Recognition Challenge)の2012年大会に自身らが開発したAlexNet畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を採用)を持ち込み、初参加ながら次点を大きく引き離す高得点で優勝。これ以降、ディープラーニング分野の研究が注目され、巨大テック企業の大型投資が相次ぐ。

自身も2013年、自らが持つスタートアップ企業「DNNresearch Inc.」がGoogleに買収され(いわゆるアクハイヤー英語版)、以降、非常勤としてGoogle Brain英語版にてAI研究に携わる。

2018年、ディープラーニングの取り組みを評価され、「計算機科学のノーベル賞」と言われるチューリング賞を受賞。同時受賞はヤン・ルカンニューヨーク大学Meta)、ヨシュア・ベンジオモントリオール大学)。この3名は、「AIのゴッドファーザー」「ディープラーニングのゴッドファーザー」と呼ばれている[4]

2023年5月1日、AIの発達が自身の想定を超えており、その危険性について話せるようにと、Googleを退職したことを明らかにした[1][3][5]

受賞歴等[編集]

親族[編集]

父親はメキシコ育ちの昆虫学者ハワード・エベレスト・ヒントン英語版(1912-1977)。母親のマーガレットは教師で、兄と姉妹も教師や研究者である[6]。母方の伯父に経済学者コーリン・クラーク、元外交官で日本の大学で教えていたグレゴリー・クラークは母方のいとこ[6]

父方の祖父のジョージ・ブール・ヒントン(1882-1943)はメキシコで銀鉱を管理する鉱山技師で植物学者。その弟セバスチャン・ヒントンはシカゴの法律家でジャングルジムの考案者だが36歳で自殺。その妻のカルメリータ・ヒントン英語版は教育者で進歩主義の寄宿舎学校として知られたプットニー・スクール英語版の創立者。その子供たち(ジェフリーの父のいとこ)には、マルキスト作家のウィリアム・ヒントン、戦時中にはマンハッタン計画に関わった核物理学ジョアン・ヒントンがおり、二人とも中国で暮らしていた[6]

父方の曽祖父チャールズ・ハワード・ヒントン(1853-1907)は四次元超立方体(tesseract)の概念を作った数学者でSF作家だが、重婚で捕まって職を失い、一時横浜の英国人学校で教えたのち、プリンストン大学の教授となった。その妻マリーは夫の病死の翌年自殺したが、マリーの両親(ジェフリーの高祖父母)はブール代数で知られるジョージ・ブールと数学者のメアリー・エベレスト・ブール英語版エベレスト山の由来となったジョージ・エベレストの姪)である[6]。チャールズの父親のジェームズ・ヒントン外科医一夫多妻制提唱者、その父親はバプチスト牧師、その父も牧師で学校を経営していた。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]