ジェフリー・ヒントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Geoffrey Hinton
Geoffrey Hinton at UBC.jpg
生誕 (1947-12-06) 1947年12月6日(71歳)
ロンドンウィンブルドン (ロンドン)
居住 カナダ
研究分野 ニューラルネットワーク, 人工知能, 機械学習
論文 Relaxation and its role in vision (1977)
博士課程
指導教員
H. Christopher Longuet-Higgins
主な業績 バックプロパゲーション, ボルツマンマシン, 深層学習
公式サイト
www.cs.toronto.edu/~hinton/
プロジェクト:人物伝

ジェフリー・ヒントン: Geoffrey Everest Hinton1947年12月6日 - )は、イギリス生まれのコンピュータ科学および認知心理学の研究者。ニューラルネットワークの研究で有名。現在は、トロント大学Googleで働いている[1]

彼は、ニューラルネットワークのバックプロパゲーションボルツマンマシンオートエンコーダディープ・ビリーフ・ネットワークの開発者の1人であり、オートエンコーダやディープ・ビリーフ・ネットワークは深層学習になった。

受賞歴等[編集]

親族[編集]

父親はメキシコ育ちの昆虫学者ハワード・エベレスト・ヒントン(1912–1977)。母親のマーガレットは教師で、兄と姉妹も教師や研究者である[2]。母方の伯父に経済学者コーリン・クラーク、元外交官で日本の大学で教えていたグレゴリー・クラークは母方のいとこ[2]

父方の祖父のジョージ・ブール・ヒントン(1882-1943)はメキシコで銀鉱を管理する鉱山技師で植物学者。その弟セバスチャンは法律家でジャングルジムの考案者だが36歳で自殺。その妻のカルメリータ・ヒントンは教育者で進歩主義の寄宿舎学校として知られたプットニー・スクールの創立者。その子供たち(ジェフリーの父のいとこ)には、マルキスト作家のウィリアム・ハワード・ヒントン原爆開発のマンハッタン計画に加担した核物理学ジョアン・ヒントンがおり、二人とも中国で暮らしていた[2]

父方の曽祖父チャールズ・ハワード・ヒントン(1853-1907)は四次元超立方体(tesseract)の概念を作った数学者でSF作家だが、重婚で捕まって職を失い、一時横浜の英国人学校で教えたのち、プリンストン大学の教授となった。その妻マリーは夫の病死の翌年自殺したが、マリーの両親(ジェフリーの高祖父母)はブール代数で知られるジョージ・ブールと数学者のマリー・エベレスト・ブール(エベレスト山の由来となったジョージ・エベレストの姪)である[2]。チャールズの父親は外科医で重婚提唱者、その父親はバプチスト牧師、その父も牧師で学校を経営していた。

参照[編集]

  1. ^ Daniela Hernandez (2013年5月7日). “The Man Behind the Google Brain: Andrew Ng and the Quest for the New AI”. Wired. 2013年5月10日閲覧。
  2. ^ a b c d Mr.Robot Tronto Life, January 29, 2018

外部リンク[編集]