デイビッド・パターソン (計算機科学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デイビッド・パターソン
David A Patterson.jpg
生誕 (1947-11-16) 1947年11月16日(69歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州エバーグリーンパーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 カリフォルニア大学バークレー校
出身校 カリフォルニア大学ロサンゼルス校
論文 Verification of Microprograms[1] (1976年)
博士課程
指導教員
David F. Martin
Gerald Estrin
博士課程
指導学生
Garth A. Gibson
David Ungar
主な業績 RISC
RAID
Network of Workstations
主な受賞歴 ACM Distinguished Service Award
ACM-IEEE Eckert-Mauchly Award
プロジェクト:人物伝

デイビッド・A・パターソン(David A. Patterson、1947年11月16日 - )は、アメリカ合衆国計算機科学者で、1977年からカリフォルニア大学バークレー校 (UCB) の計算機科学教授を務めている。

RISCRAIDの基礎を築いた1人であり、RISCという用語の生みの親である。バークレーRISC英語版プロジェクトを指揮した[2]ジョン・ヘネシーとのコンピュータ・アーキテクチャに関する共著は教科書として広く採用されている。アメリカ科学振興協会フェロー。

経歴[編集]

イリノイ州エバーグリーンパーク出身。カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) から学士号(1969年)、修士号(1970年)、Ph.D.(1976年)を取得。

ヘネシーと共にRISC (Reduced Instruction Set Computer) の有効性を定量的に[3]示し、RISCをマイクロプロセッサのアーキテクチャにおける一大潮流とした。RISCという語を提案したのも彼であるとされる[2]。1980年からバークレーRISC英語版プロジェクトを指揮した。バークレーRISCが影響を与えた代表例にはSPARCプロセッサなどがある。他にもRAIDや、ネットワークで接続されたワークステーション群でコンピュータ・クラスターを構成する Network of Workstations (NOW) なども開発している。

UCB 計算機科学部門の部門長とComputing Research Association の長を務めた後、2003年から2005年までアメリカ大統領の情報技術諮問委員会の委員も務め、2004年から2006年までACMの会長を務めた。

2011年まで行われた RAD Lab (Reliable Adaptive Distributed systems) プロジェクト[4]、2010年まで行われた RAMP (Research Accelerator for Multiple Processors) プロジェクト[5]に関与した。2013年現在は Par Lab (Parallel Computing Laboratory)[6] と AMP Lab (Algorithms, Machines, and People Laboratory)[7] に所属して研究を続けている。

パターソンの下で博士号を取得した有名人として以下の人々がいる:

受賞歴[編集]

ACMや IEEE から数々の賞を受賞しており、IEEEフェロー、全米技術アカデミー会員にも選ばれた。2005年、C&C賞をジョン・ヘネシーと共に受賞。シリコンバレー工学の殿堂入りも果たしている。2004年、C&C賞を受賞。2006年、アメリカ芸術科学アカデミー全米科学アカデミーの会員にも選出され、Computing Research Association から Distinguished Service Award を授与された。

2007年東京工科大学カーネギーメロン大学の推薦及び選考により、片柳コンピュータ科学賞片柳優秀研究賞を授与された。また、同年コンピュータ歴史博物館およびアメリカ科学振興協会のフェローに選ばれた。

2008年、ACM Distinguished Service Award[8] と ACM-IEEE Eckert-Mauchly Award[9] を受賞。その後も様々な賞を受賞している。

主著(共著)[編集]

  • パターソン、ジョン・ヘネシーComputer Architecture: A Quantitative Approach ISBN 0-12-370490-1
    • 富田眞治 他訳、『コンピュータ・アーキテクチャ』日経BP社、1992年。ISBN 4-8222-7152-8
  • パターソン、ジョン・ヘネシー、Computer Organization and Design: the Hardware/Software Interface ISBN 1-55860-604-1
    • 成田光彰 訳、『コンピュータの構成と設計 第2版(上)』日経BP社、1999年。ISBN 4-8222-8056-X
    • 成田光彰 訳、『コンピュータの構成と設計 第2版(下)』日経BP社、1999年。ISBN 4-8222-8057-8

脚注[編集]

  1. ^ デイビッド・パターソン (計算機科学者) - Mathematics Genealogy Project
  2. ^ a b Milestones in computer science and information technology by Edwin D. Reilly 2003 ISBN 1-57356-521-0 page 50
  3. ^ 「定量的に」ということは、共著書『Computer Architecture: A Quantitative Approach』のサブタイトルにあらわれている。
  4. ^ RAD Lab
  5. ^ RAMP: Research Accelerator for Multiple Processors
  6. ^ Par Lab: Parallel Computing Laboratory
  7. ^ AMP Lab: Algorithms, Machines, and People Laboratory
  8. ^ ACM Distinguished Service Award
  9. ^ ACM-IEEE Eckert-Mauchly Award

参考文献[編集]

外部リンク[編集]