ジョージ・エベレスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サー・ジョージ・エベレスト

サー・ジョージ・エベレストSir George Everest, 1790年7月4日1866年12月1日)は、ウェールズ生まれの探険家地理学者である。

1806年にウィリアム・ラムトン英語版によって始められた、インド南端からネパールにいたる2,400kmに及ぶ、子午線弧に沿った測量事業を完成させた。

生涯[編集]

ウェールズポーイスに生まれた。王立士官学校で学び、数学の才能を示した。1806年にインドに渡り、ベンガル砲兵隊の士官候補生となった。1814年から1816年にかけて、スタンフォード・ラッフルスによってジャワ島の調査隊員に選ばれた。1818年にインドの測量調査を行っている、ラムトンの助手に選ばれる。1823年にラムトンが没すると、測量の監督者の地位を継ぎ、1830年から1843年までの間、インド測量局の長官を務めた。合理的で天才気質だが、吝嗇で短気な性格であり、とっつきにくい人物であったという。

1827年に王立協会フェロー(FRS)に選ばれた[1]。1843年に引退してイギリスに帰国。1861年にバス勲章コンパニオン(CB)を授与され[2]ナイトに叙された[3]。1862年に王立地質学会の副会長を務めた。1866年、グリニッジで没した。

1852年、インド測量局はヒマラヤ山脈の中で「PeakXV」という仮称をつけられた山が世界最高峰であることを発見。測量局長官アンドリュー・スコット・ウォーは調査の結果、現地名が発見できなかったとして、1865年に前任者のサー・ジョージに敬意を表して同山を「エベレスト山」と名づけたと発表した。ただし本人は現地名を尊重したいという方針から、そのような命名を快く思っていなかったといわれている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Everest; Sir; George (1790 - 1866); Surveyor and Military Engineer” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2012年3月31日閲覧。
  2. ^ The London Gazette: no. 22483. p. 792. 1861年2月26日2012年3月31日閲覧。
  3. ^ The London Gazette: no. 22493. p. 1241. 1861年3月19日2012年3月31日閲覧。

関連項目[編集]