アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマン
August Wilhelm von Hofmann
Hoffman August Wilhelm von.jpg
アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマン
生誕 (1818-04-08) 1818年4月8日
War ensign of the German Empire Navy 1848-1852.svg ドイツ連邦 ヘッセン大公国 ギーセン
死没 1892年5月5日(1892-05-05)(74歳)
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ブランデンブルク州英語版 ベルリン
居住 ドイツの旗 ドイツ
イギリスの旗 イギリス
国籍 ドイツの旗 ドイツ
研究分野 有機化学
研究機関 ボン大学
王立化学大学英語版
ベルリン大学
出身校 ギーセン大学
博士課程
指導教員
ユストゥス・フォン・リービッヒ
博士課程
指導学生
リヒャルト・アベッグ
アドルフ・ピンナー英語版
フリッツ・ハーバー
カール・フォン・アウヴェルス英語版
Rudolf Nietzki
フェルディナント・ティーマン
ユーゲン・バンバーガー英語版
主な業績 ホフマン転位
ホフマン脱離
影響を
与えた人物
ウィリアム・パーキン
長井長義
柴田承桂
中濱東一郎
主な受賞歴 ロイヤル・メダル (1854年)
コプリ・メダル (1875年)
配偶者 Helene Moldenhauer(1846年8月12日)
Rosamond Wilson(1856年12月13日)
Elise Moldenhauer(1866年5月19日)
Bertha Tiemann(1873年8月11日)[1]
プロジェクト:人物伝

アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマンAugust Wilhelm von Hofmann1818年4月8日 - 1892年5月5日)は、ドイツ化学者

生涯[編集]

ギーセン生まれ。初めゲッティンゲンで法学などを学び、のちにユストゥス・フォン・リービッヒのもとで化学を学んだ。1845年ロンドンに新設された王立化学大学(Royal College of Chemistry)教授となった。1864年にドイツに帰ってボン大学に移り、1865年からベルリン大学の教授を務めた。

ホフマンの業績は有機化学の非常に広い範囲に及ぶ。最初リービッヒの元でコールタールの研究を行い、これをもとにアニリン関連の研究を生涯にわたり続けた。さらにアミンアンモニウム塩などの研究も行い、またローズアニリンなどの色素を創製した。

ホフマン則ホフマン脱離(アミンからのオレフィンの生成;ホフマン則に従う)、ホフマン分解(アンモニウム塩からの三級アミンの生成)、ホフマン反応ホフマン転位酸アミドからのアミンの生成;これをホフマン分解と呼ぶこともある)、ホフマンバイオレット(色素)など彼の名を冠した反応や法則、物質名は数多い。1854年ロイヤル・メダル、1875年コプリ・メダル受賞。

出典[編集]

  1. ^ Volhard, Jacob; Fischer, Emil (1902). August Wilhelm von Hofmann: Ein Lebensbild. Berlin.