ジェームズ・ジーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェームズ・ジーンズ

ジェームズ・ホップウッド・ジーンズ(Sir James Hopwood Jeans1877年9月11日 - 1946年9月16日)は、イギリス物理学者天文学者数学者である。黒体輻射に関するレイリー・ジーンズの法則、惑星の起源に関する潮汐起源説などで知られる。

生涯[ソースを編集]

ケンブリッジ出身で1904年からアメリカのプリンストン大学の応用数学教授、1910年から1912年までケンブリッジ大学教授、黒体輻射に関する研究などを行う。その後研究の中心は天文学に移る。1923年から1944年までカリフォルニアのウィルソン山天文台などで研究する。1928年にナイトになる。引退後一般向け科学書を執筆した。

1905年黒体輻射の波長分布に関するレイリー・ジーンズの法則を発表した。1906年王立協会フェロー選出、1919年ロイヤル・メダル受賞。1922年王立天文学会ゴールドメダル受賞。

天文学の分野では星間ガスが重力不安定によって収縮することに関する臨界的な値、ジーンズ波長、ジーンズ質量に名前を残している。

惑星の起源に関する潮汐説を唱えた一人である。なお、彼の功績を称えて、小惑星(2763)ジーンズが彼の名を取り命名されている。

宗教観[ソースを編集]

ジーンズは1931年の『神秘な宇宙』において彼の宗教観を示していて、ケン・ウィルバーピタゴラス流の神秘主義とし、ジーンズは「神は数学者で、宇宙は大きな機械というより大きな思考」というような言い回しを好んだ[1]

関連項目[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

  1. ^ ケン・ウィルバー 『量子の公案 現代物理学のリーダーたちの神秘観』 田中三彦、吉福伸逸訳、工作舎、1987年、222頁。ISBN 4-87502-137-2