ジョスリン・ベル・バーネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jocelyn Bell Burnell
ジョスリン・ベル・バーネル
Launch of IYA 2009, Paris - Grygar, Bell Burnell cropped.jpg
ジョスリン・ベル・バーネル(2009)
生誕 Susan Jocelyn Bell
(1943-07-15) 1943年7月15日(75歳)
イギリスの旗 イギリス 北アイルランド ベルファスト
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究分野 天体物理学
研究機関 バース大学
ケンブリッジ大学
グラスゴー大学
オープン大学
オックスフォード大学
サウサンプトン大学
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン
出身校 グラスゴー大学
ケンブリッジ大学
論文 The Measurement of radio source diameters using a diffraction method (1968)
博士課程
指導教員
アントニー・ヒューイッシュ
主な業績 パルサーの発見
主な受賞歴 ロイヤル・メダル(2015)
公式サイト
www2.physics.ox.ac.uk/contacts/people/bellburnell
プロジェクト:人物伝

スーザン・ジョスリン・ベル=バーネル(Susan Jocelyn Bell Burnell, 旧姓:Susan Jocelyn Bell, 1943年7月15日 - )は、イギリスの女性天体物理学者である。アントニー・ヒューイッシュの下でパルサーを発見した。

略歴[編集]

北アイルランドベルファストで建築家の娘として生まれた。

1965年グラスゴー大学理学士。1967年にケンブリッジ大学大学院生時代にヒューイッシュらとクエーサーの観測するための電波望遠鏡の観測データのなかに非常に早く規則的に変化する電波信号を見つけた[1][2]。天文学的には異常に短い電波の宇宙人からの通信ではないかとも思われた電波源には「緑の小人 (Little Green Man)」を意味する「LGM-1」の名が与えられが、後に高速で回転する中性子星「CP 1919」が電波源であることがわかった。

パルサー発見の論文は5人による共著[1]で、ヒューイッシュが最初でベルが2番目だった。ヒューイッシュはマーティン・ライルとノーベル物理学賞を共同受賞したが、ベルは受賞できなかった。彼女がノーベル賞の選から漏れたことに対して、フレッド・ホイルを含む多くの天文学者が異議を唱えた。なお、ライルとヒューイッシュの1974年度ノーベル物理学賞の受賞理由としてスウェーデン王立科学アカデミーは「電波天体物理学の先駆的研究」を挙げ、ライルに関しては「開口合成技術の開発」、ヒューイッシュに関しては「パルサーの発見における決定的役割」としている。

1969年にケンブリッジ大学でPh.D.を取得し、サザンプトン大学指導教員(1970年 - 1973年)、ロンドン大学ムラード宇宙科学研究所研究員(1974年 - 1982年)、エジンバラ王立天文台研究員(1982年 - 1991年)、オープン大学物理学講座教授(1991年 - 2001年)、プリンストン大学客員教授バース大学理学部長 兼 教授(2001年 - 2004年)を務めた。

2002年から2004年までイギリス天文学会会長、2008年から2010年まで英国物理学会会長を歴任。現在はオックスフォード大学客員教授マンスフィールド・カレッジフェローを務める。2003年王立協会フェロー選出。

1968年に結婚し1男を儲けるも1993年に離婚。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Hewish, A.; Bell, S. J.; Pilkington, J. D. H.; Scott, P. F.; Collins, R. A. (1968年). “Observation of a Rapidly Pulsating Radio Source”. Nature 217 (5130): 709. Bibcode 1968Natur.217..709H. doi:10.1038/217709a0. 
  2. ^ Pilkington, J. D. H.; Hewish, A.; Bell, S. J.; Cole, T. W. (1968年). “Observations of some further Pulsed Radio Sources”. Nature 218 (5137): 126. Bibcode 1968Natur.218..126P. doi:10.1038/218126a0. 

参考文献[編集]