岩石学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩石学(がんせきがく、petrology)は岩石の多様性とその成り立ちについて研究する地質学地球科学の一分野である。

地質調査岩石顕微鏡での観察などに基づき、岩石の産状、構成する鉱物造岩鉱物)の種類や形状、組織などを検討する記述的岩石学petrography)がかつて主流であったが、後に鉱物の物理学化学に基づき、岩石の成因に基づき研究する成因的岩石学(petrogeny)が主となった。その結果、地球物理学地球化学と研究手法において重なる部分が多くなった。しかし、これら物理化学が発展した現在でも、記述的岩石学の持つ重要性は全く失われていない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]