チャールズ・トムソン・リーズ・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1927年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:蒸気の凝縮により荷電粒子の飛跡を観察できるようにする方法(霧箱)の研究
チャールズ・ウィルソン(1927年ソルベー会議で)

チャールズ・トムソン・リーズ・ウィルソン(Charles Thomson Rees Wilson, 1869年2月14日 - 1959年11月15日)は、スコットランド物理学者である。ウィルソンの霧箱で知られる。1927年ノーベル物理学賞の受賞者である。

スコットランド中部のGlencorseに農民の息子として生まれた。1873年に父親が死ぬと家族はマンチェスターに移った。マンチェスター大学で学んだ後ケンブリッジ大学で学んだ。気象学に興味を持ち1893年にとその性質の研究を始めた。しばしばベン・ネビス山の気象観測所にいって、雲の発生の観察を行った。

その後ケンブリッジの実験室で、実験装置を使って雲を発生させる実験を始めた。密封した容器に湿った空気をいれて減圧(断熱膨張)させることによって、を発生させた。霧箱にイオンや放射線の飛跡が発生することを示した。 霧箱を発明した時キャヴェンディッシュ研究所の所員であったので、同研究所のJ・J・トムソンら電子や放射線の研究者たちの重要な道具として用いられた。霧箱の発明によって1927年のノーベル物理学賞を受賞した。

1959年エディンバラで90年の生涯を閉じた。

外部リンク[編集]