双極子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

双極子(そうきょくし、: dipole[1])とは、一対の正負の同じ大きさの単極子をわずかに離れた位置に置いたものである。和訳せずダイポールと呼ばれることもある。

双極子は、負から正の単極子への方向ベクトルとその大きさとので特徴づけられる。このベクトルを双極子モーメント: dipole moment[1])といい、このベクトルの方向との関係により指向性を持つ場となる。

一般に四極子のポテンシャルφは単極子のそれφmonopole の空間についての偏微分で表される[2]

\phi \propto \frac{\partial}{\partial x}\phi_\mathrm{monopole}

用いられる分野[編集]

電磁気学においては単極子が電荷である場合の双極子は電気双極子磁荷である場合の双極子は磁気双極子という。

アマチュア無線ダイポール・アンテナ気象におけるダイポールモード現象原子核物理学におけるソフトダイポールモードなどでこの概念が用いられる。

音響学においても用いられ[3]、音源の一種として扱われる。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 文部省日本物理学会編 『学術用語集 物理学編』 培風館1990年ISBN 4-563-02195-4
  2. ^ 吉川茂; 藤田肇 『基礎音響学』 講談社サイエンティフィク、2002年、187頁。ISBN 4-06-153972-8 
  3. ^ Earl G. Williams; 吉川茂、西條献児訳 『フーリエ音響学』 シュプリンガー・フェアラーク東京、2005年、240頁。 

関連項目[編集]