単極子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

単極子(たんきょくし、: monopole)は、スカラー場勾配が 0 でない発散を持つ、すなわちわき出し、吸い込みを伴う点である。

電場においては荷電粒子、磁場においては磁気単極子が相当する。

また、音響学においても用いられる[1]

場に単極子が1個だけ存在するとき、その場は球対称となる。

参考文献[編集]

  1. ^ Earl G. Williams; 吉川茂、西條献児訳 『フーリエ音響学』 シュプリンガー・フェアラーク東京、2005年、238頁。 

関連項目[編集]