マンチェスター大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The University of Manchester
Whitworth Hall.jpg
モットー ラテン語: Cognitio, sapientia, humanitas
モットー (英語) "Knowledge, Wisdom, Humanity"
設立年 2004年 (2004) (UMISTとの再統合 est. 1824; Victoria University of Manchester est. 1851)
資金 £174.3 million (as of 31 July 2014)[1]
総長 Tom Bloxham MBE
学長 Dame Nancy Rothwell
教員数
3849[2]
学生総数 38,430[3]
学部生 27,080[3]
大学院生 11,350[3]
所在地 イギリス イングランド
マンチェスター
キャンパス 都市・郊外
ノーベル賞受賞者 25
スクールカラー

Blue, Gold, Purple

                   

                   
Universities Research Association
ラッセル・グループ
EUA
N8 Group
NWUA
ACU
公式サイト manchester.ac.uk
テンプレートを表示

マンチェスター大学 (: The University of Manchester)は、イギリス第二の都市、マンチェスターにある国立総合大学である。

概要[編集]

25名のノーベル賞受賞者を輩出する全英屈指の名門校として知られ、複数の世界大学ランキングサイトで世界最上位の常連校である。QS World University Rankings 2021では世界第27位[4](欧州第8位、英国第6位)[5]、Academic Ranking of World Universities 2021 (ARWU)では世界第35位[6](欧州第9位、英国第5位)[7]と位置付けられた。合格率8.3%[8](学部平均)の世界最難関大学の一つである[9][10][11][12]学部平均[要検証]国際連合持続可能な開発目標(SDGs)に対する同校の取り組みが評価され、Times Higher Education, Impact Rankings 2021[13]において世界第1位[14]を獲得した。英国版アイビー・リーグとも呼ばれる大規模研究型大学連盟、ラッセル・グループ(Russell Group)の創立メンバーであり、赤レンガ大学群(Red Brick University)にも属する[15][16][17][18][19][20]。また、世界最古の大学ネットワーク[21]コモンウェルス大学協会(ACU: Association of Commonwealth Universities)のメンバーでもある[22][23][24][25][26]オックスブリッジを含む研究集約型エリート大学トップ5校(Oxbridge, UCL, ICL, UoM)を括る、ゴールデン・ダイアモンド(Golden Diamond)の一校である[27][28][29][30][31]。略称は'UoM'

イギリス最初で最大の都市大学であり、1824年に前身の一つであるマンチェスター工科大学(UMIST: University of Manchester Institute of Science and Technology)[32]が創立され、2004年10月にヴィクトリア大学マンチェスター校英語版(Victoria University of Manchester)と統合され、現在のマンチェスター大学となった。詳細は下記歴史欄を参照。世界初のコンピューター[33](マンチェスター・コンピュータ)[34]は1948年にヴィクトリア大学マンチェスター校で生まれた。

研究費[編集]

産業革命の発祥地であることから理工学系が有名であるが、社会科学医学法学等の権威でもある。QS World University Rankings by Subject 2021では、30の学部が世界トップ50以内にランクインされている[35][36][37][38][39]マンチェスター・ビジネス・スクール(AMBS: Alliance Manchester Business School)はQS World University Rankings 2021, Business School RankingsのCSRランキングにおいて世界第5位(英国第1位)とされた[40][41]。Research Excellence Framework 2014では、同校で行われている研究の83%[42]が世界トップレベルとされ、第5位にランクイン[43]するなど世界屈指の研究機関でもある。2019-2020年の研究費予算基金単体では10億9000万ポンド(約1670億円)であり、2億2000万ポンド(約340億円)の寄付があった。英国政府から学術研究費国家予算配分として2億ポンド(約305億円)を受け取っている[要出典]

ノーベル賞受賞者と著名な研究者[編集]

研究者や教授陣、卒業生から現在までに25名のノーベル受賞者を輩出している。受賞者数は世界第28位、欧州第11位、英国内ではケンブリッジ大学オックスフォード大学ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンに次いで第4位である。4名の受賞者が現役で教鞭をとっており、その数は国内最多である。19~20世紀の発明・研究開発に大きく貢献した人物として、原子核や放射線(α, β, γ線)を発見したアーネスト・ラザフォード[44]コンピューター・サイエンス人工知能の父とも言われるアラン・チューリング[45]ジュールの法則を発見したジェームズ・ジュール、現代化学原子説[46][47]の創始者であるジョン・ドルトン[48]、電子の存在を発見したジョゼフ・ジョン・トムソン[49]ニールス・ボーア[50][51][52]中性子を発見したジェームズ・チャドウィック[53][54][55]ビタミンCの合成に成功したウォルター・ハース[56][57]、人類初の人工的な核変換に成功したジョン・コッククロフト[58][59][60]天文学者アーサー・エディントンらが挙げられる。

著名な卒業生[編集]

卒業生には、俳優ベネディクト・カンバーバッチ物理学者ブライアン・コックステスコ(TESCO)元CEOのテリー・レイフィー卿、シンガポール副首相政治家のテオ・チー・ハン、国際パラリンピック委員会会長のフィリップ・クレヴァン卿らが名を連ねる。他にも政府高官や英国議会等、政界に多くの卒業生を輩出している。ビジネス界においては、スペイン大手銀行サンタンデールの英国代表や世界的NGOオックスファムの事務局長、世界4大会計事務所KPMGパートナー、財務会計基準審議会(Financial Accounting Standards Board: FASB)元議長、ユニリーバ元CIO(Chied Investment Officer)等が挙げられる。ビジネスの学術分野においては、シカゴ大学ブースビジネススクールで教鞭をとっているハンス・クリステンセン准教授が有名である。芸術界では作家・作曲家のアンソ・ニーバージェスや、ロンドン市庁舎スタンステッド空港ドイツ連邦議会新議事堂等をデザイン・設計した世界的建築家のノーマン・フォスター男爵らがいる。彼の日本での作品ではセンチュリータワー鎌倉歴史文化交流館等がある。英国内で知名度が高い建築家として、アルフレッド・ウォーターハウスも挙げられる。彼はロンドン自然史博物館マンチェスター市庁舎、リバプール王立病院、ロンドン・ユニヴァーシティ・カレッジ病院を手掛けたり、保険大手プルデンシャルの本社オフィスを設計した事でも有名である。

入学難易度[編集]

国内のみならず世界中から学部・院共に絶大な人気を誇り入学は非常に困難である[61]。2017年に英国人学生を対象に実施された調査で、イギリスで入学したい大学トップ3としてケンブリッジ大学、オックスフォード大学に続いて第3位となった[62]。現地学生(イギリス人)の学部合格率は平均8.3%であり、外国人学生においてはより倍率は高くなる。条件もイギリス人学生より厳しく設定されており、IELTS 7.5以上[63](TOEIC L&R満点、英検1級or該当級なし)に加えて、求められる国際バカロレアA-levelの成績はイギリス人学生がオックスブリッジに合格するそれ[64]と同難易度の全科目80-90%以上(学部・コースによる)である[65][66][67][68]。同校の大学中退率は7.8%である[69][70][71]

所有施設・図書館[編集]

UNESCO世界遺産ジョドレルバンク天文台[72]を保有している。マンチェスター大学図書館英語版はイギリスに5か所しか存在しない「英国研究図書館」の一つで[73]、400万冊以上の書物や85万冊を超える電子書籍を所蔵している[74]。ジョン・ライランズ図書館[75]は1899年に完成したヴィクトリア朝後期のネオゴシック様式の建物であり[76]、現在英国で3番目に大きい学術図書館[77]である。

歴史[編集]

Alan Turing Building

マンチェスター工科大学[編集]

マンチェスター工科大学は、1824年に国家教育プロジェクトの一環として設立されたマンチェスター機械工学研究所(Mechanics' Institute, Manchester)に由来する[78]。英国では1870年まで初等教育が義務付けられておらず基礎教育がほとんど行われなかったため、同組織は教育改革に先立つ実験的な役割も担っており苦戦を強いられながらも着実に結果を残し、学校教育の有効性を証明した。産業革命と世界中の広大な植民地による大英帝国一強の時代真っ只中、第一回ロンドン万国博覧会も終えた1853年頃、他の列強諸国の国力増強に伴い英国の工業国としての主導的地位が危うくなるという政府の懸念も追い風となり急速に大学改革が進められた。

マンチェスター工科大学 (UMIST: University of Manchester Institute of Science and Technology) 1956-2004
構成カレッジ 設立年 備考
マンチェスター機械工学研究所(Mechanics' Institute, Manchester)[79] 1824 1883年にジョン·ヘンリー·レイノルズがマンチェスター機械工学研究所から、特に理工学に特化し教育カリキュラムも一新したマンチェスター工業学校(Manchester Technical School)に改編した。
マンチェスター工業学校(Manchester Technical School) 1883

ヴィクトリア大学マンチェスター校[編集]

オウェンズ・カレッジ・マンチェスター(1824年)*New building

ヴィクトリア大学マンチェスター校は、1851年にマンチェスターの繊維商ジョン・オーウェンの遺産£96,942(当時のレートでおよそ48億5000万円)により設立されたオーウェンズ・カレッジ(Owens College)に由来する[80]。マンチェスター工科大学と同様に、当時は教育に価値がないと考える人が多く、一刻も早く子供たちを家業に参加させることを望んだため、開校当初は運営が厳しかった。1860年代に入ると、指導教授らは単に伝達するのではなく知識の創造を強調するドイツの大学に注目した。彼らにとって研究は大学の核心要素であり、知識を発展させ、物質的利益の潜在的な源泉だった。学生たちに、未知と向き合い自ら発見する経験を与えたことにより、大学教育はその後のキャリアに対する有効な手段として評価されるようになった。1870年に現在のオックスフォード·ロード(Oxford Road)の敷地にメインキャンパスの建築が始まった[81]。1872年に、1824年設立の王立医科外科学校・マンチェスター(Royal School of Medicine and Surgery, Manchester)と統合した。1880年にリーズ歯科学校(Leeds School of Medicine)、ヨークシャー・カレッジ・オブ・サイエンス(Yorkshire College of Science)、ユニヴァーシティ・カレッジ・リヴァプール(University College Liverpool)と合併しビクトリア大学連合英語版を構成した。しかし1903年、1904年に再び分離され、それぞれリヴァプール大学リーズ大学として独立した。

マンチェスター大学は1880年にヴィクトリア大学連合(Victoria University)、1903年にマンチェスター・ヴィクトリア大学(Victoria University of Manchester)、そして2004年に現在のマンチェスター大学(The University of Manchester)として合計3回ロイヤル・チャーターを受けている。詳細な変遷は以下の通りである。

オウェンズ・カレッジにてヴィクトリア大学連合設立会議(1851年)
ヴィクトリア大学連合・オウェンズ・カレッジ(1895年)
ヴィクトリア大学連合 (Victoria University) 1880-1903(1904)
構成カレッジ 設立年 備考
王立医科外科学校・マンチェスター(Royal School of Medicine and Surgery, Manchester)[82] 1824 ヴィクトリア大学連合は、マンチェスターに本部を置き、マンチェスター、リーズ、リバプールにカレッジを持つ連邦制の大学であった。その後、各カレッジが独立した大学としての地位を求めたため、本連合は1903年に解体された。それと同時に、ヴィクトリア大学とマンチェスターのオーエンズ・カレッジが合併し、マンチェスター・ヴィクトリア大学が設立された。これは後にUMIST と合併し、2004 年にマンチェスター大学(The University of Manchester)として改めてロイヤル・チャーターを受ける。
リーズ歯科学校(Leeds School of Medicine)[83] 1831
ヨークシャー・カレッジ・オブ・サイエンス(Yorkshire College of Science)[84] 1874
オウェンズ・カレッジ・マンチェスター(Owens College, Manchester)[85] 1851
ユニヴァーシティ・カレッジ・リヴァプール(University College Liverpool) 1881
ヴィクトリア大学マンチェスター校・ウィットワース・ホール(1903年)
学位授与式(1918年)
ヴィクトリア大学マンチェスター校(Victoria University of Manchester) 1903-2004
構成カレッジ 設立年 統合年 備考
王立医科外科学校・マンチェスター(Royal School of Medicine and Surgery, Manchester)[82] 1824 1872 1880年に誕生したヴィクトリア大学連合は1903年に解体されてから、その後継機関として同連合の運営陣とその他組織機能を統合し、ヴィクトリア大学マンチェスター校として勅許状を授与された。1872年にオウェンズ・カレッジと王立医科外科学校・マンチェスターは統合した。続けて1887年にヨークシャー・カレッジ・オブ・サイエンスと統合されたため、正確には上記2組織が統合されたオウェンズ・カレッジが独立したことになる。
ヨークシャー・カレッジ・オブ・サイエンス(Yorkshire College of Science)[84] 1874 1887
オウェンズ・カレッジ・マンチェスター(Owens College, Manchester)[85] 1851
ヴィクトリア大学連合の運営陣 1880
マンチェスター大学(The University of Manchester) 2004-
構成カレッジ 設立年 備考
ヴィクトリア大学マンチェスター校(Victoria University of Manchester) 1903 1824年に設立されたマンチェスター機械工学研究所(Manchester Mechanics' Institute)は、1884年にマンチェスター工業学校(Manchester Technical School)、1956年にマンチェスター工科大学(UMIST: University of Manchester Institute of Science and Technology)となり、2004 年にヴィクトリア大学マンチェスター校(Vitoria University of Manchester)と合併して、現在のマンチェスター大学(The University of Manchester)が設立された。
マンチェスター工科大学(UMIST: University of Manchester Institute of Science and Technology) 1956

組織[編集]

学生組織[編集]

480以上という他大学と比較しても多彩なクラブ・ギルドが存在する[86]。マンチェスター大学学生組合(University of Manchester Students' Union)は会員数4万人を超えるイギリスで最大の学生組合であり、8人の共同責任者によって運営されている。毎年3月に行われる学内総選挙で誰でも(交換留学生、短期留学生を除く)立候補することができ[要出典]、学生たちはオンラインで投票に参加することができる。他にも、各スクールのコースごとに学生代表(Student Representative)が同様のオンライン投票で選出される。国籍・年齢・性別関係なく全ての所属する学生に対して機会が提供されている。

学部・院及びデパート(スクール)[編集]

提供学部・院(デパートメント・スクール)[87][88][89][90]
Faculty Scool Department (Division) Specialism
Faculty of Humanities Alliance Manchester Business School (AMBS)

マンチェスター・ビジネス・スクール

Accounting and Finance
Innovation Management and Policy Entrepreneurship, Innovation and Policy
Management Sciences and Marketing Information Technology Management for Business
Marketing, Operations and Business Analytics
People, Management and Organisations People and Organisations
International Business and Management
International Business, Finance and Economics
International Management
Management
School of Arts, Languages and Cultures (SALC) American Studies
Art History
Arts Management and Museology
Classics, Ancient History, Archaeology and Egyptology (CAHAE)
Digital Humanities
Drama
English Literature and Creative Writing
Film Studies
History
Humanitarianism and Conflict Response
Linguistics and English Language
Modern Languages and Cultures
Music
Religions and Theology
Translation and Intercultural Studies
School of Environment, Education and Development (SEED) Manchester School of Architecture
Geography
Global Development Institute (GDI)
Manchester Institute of Education (MIE)
Planning and Environmental Management
School of Social Sciences (SOSS) Criminology
Economics
Law
Philosophy
Politics
Social Anthropology
Social Statistics
Sociology
Faculty of Science and Engineering The School of Engineering Department of Chemical Engineering and Analytical Science Chemical Engineering
Chemical Engineering with an Integrated Foundation Year
Chemical Engineering with Energy and Environment
Chemical Engineering with Industrial Experience
Chemical Engineering with Study in Europ
Advanced Chemical Engineering
Advanced Process Integration and Design
Subsurface Energy Engineering
Advanced Functional Materials and Analytical Science
Biochemical and Bioprocess Engineering
Catalysis and Porous Materials
Chemical Engineering
Integrated Catalysis CDT
Multi-scale Modelling
Process Integration
Sustainable Industrial Systems
Department of Computer Science Computer Science
Computer Science and Mathematics
Computer Science (Human Computer Interaction)
Computer Science with an Integrated Foundation Year
ACS: Artificial Intelligence
ACS: Computer Security
ACS: Data and Knowledge Managemen
ACS: Digital Biology
Advanced Computer Science
Computer Systems Engineering
Data Engineering
Software Systems Engineering
Department of Electrical and Electronic Engineering Electrical and Electronic Engineering
Electrical, Electronic & Mechatronic
Engineering with an Integrated Foundation Year
Electronic Engineering
Mechatronic Engineering
Department of Mechanical, Aerospace and Civil Engineering
The School of Natural Sciences Department of Chemistry
Department of Earth and Environmental Sciences
Department of Materials
Department of Mathematics
Department of Physics and Astronomy
Faculty of Biology, Medicine and Health Audiology
Biosciences
Dentistry
Medicine
Nursing, Midwifery and Social work
Optometry and ophthalmology
Pharmacy
Speech and Language therapy

学生[編集]

総学生数40,250人、内26,855人は学部生。男女比は46:54[91][92]

同校の新卒就職率は93.6%であり[93][94]、QS Graduate Employability Rankings 2018で世界第33位[95]、Times Higher Education Global University Employability Ranking 2020で世界第53位であった[96][97]。QS World University Rankingsによる世界のリーディングカンパニーからの人気大学ランキングで世界21位[98]とされた。

学費は年間約300-370万円(2021年6月時点のレート)。生活費込みで卒業までの費用は約1600-1800万円である。現在同校は日本人学生に対し奨学金制度を適応していない[99][100][101]奨学金制度[要検証]

教員[編集]

評価[編集]

世界大学ランキングでのマンチェスター大学のランクは以下の通り。

世界大学ランキング
QS World University Rankings (QS世界大学ランキング) Academic Ranking of World Universities (上海交通大学) Times Higher Education (タイムズ誌) U.S.News (USニューズ)
世界順位 欧州順位 英国順位 世界順位 欧州順位 英国順位 世界順位 欧州順位 英国順位 世界順位 欧州順位 英国順位
2022 27 8 6 50 8 58 16 7
2021 27 8 6 35 8 5 51 8
2020 27 8 6 36 8 5 51 8
2019 27 8 6 33 8 6 57 8
2018 29 8 6 34 8 6 54 8
2017 34 9 7 38 8 6 55 8
2016 29 9 7 35 7 5 56 8
2015 33 10 7 41 8 5 52 8
2014 30 11 8 38 7 5 58 8
2013 33 11 8 41 8 5 49 7
2012 32 9 7 40 7 5 48 7
2011 29 8 7 38 6 5 87 12
2010 30 9 8 44 9 5
2009 26 8 7 41 7 5
2008 29 9 7 40 6 5

主な出身者・関係者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Financial Statements for the year ended 31 July 2014”. The University of Manchester. 2015年1月20日閲覧。
  2. ^ Facts and Figures, The University of Manchester, 2013, p24
  3. ^ a b c Table 1 All students by HE institution, level of study, mode of study and domicile 2012/13 (Microsoft Excel spreadsheet)”. Higher Education Statistics Agency. 2014年11月25日閲覧。
  4. ^ QS World University Rankings 2021” (英語). Top Universities. 2021年8月27日閲覧。
  5. ^ Rankings and reputation of The University of Manchester” (英語). The University of Manchester. 2021年9月3日閲覧。
  6. ^ ShanghaiRanking's Academic Ranking of World Universities”. www.shanghairanking.com. 2021年9月3日閲覧。
  7. ^ ShanghaiRanking's Academic Ranking of World Universities”. www.shanghairanking.com. 2021年9月3日閲覧。
  8. ^ The University of Manchester Reviews and Ranking”. www.studentcrowd.com. 2021年8月27日閲覧。
  9. ^ Types of UK universities” (英語). www.ukuni.net. 2021年8月30日閲覧。
  10. ^ University League Tables 2022” (英語). www.thecompleteuniversityguide.co.uk. 2021年8月30日閲覧。
  11. ^ Top Universities in the UK 2021” (英語). Top Universities. 2021年8月30日閲覧。
  12. ^ UK University Rankings and Tables 2021” (英語). SI-UK: Move Forward. Be Great.. 2021年8月30日閲覧。
  13. ^ Impact Ranking” (英語). Times Higher Education (THE) (2021年4月16日). 2021年8月27日閲覧。
  14. ^ THE Impact Rankings 2021 Released” (英語). Times Higher Education (THE) (2021年4月21日). 2021年8月27日閲覧。
  15. ^ Russell Group | Home” (英語). The Russell Group. 2021年8月30日閲覧。
  16. ^ Russell Group | Our universities” (英語). The Russell Group. 2021年8月30日閲覧。
  17. ^ What is a red brick university? List of red brick universities - The Uni Guide”. www.theuniguide.co.uk. 2021年8月30日閲覧。
  18. ^ What are Redbrick Universities?”. academicvenuesolutions.co.uk. 2021年8月30日閲覧。
  19. ^ What is a red brick university?” (英語). Kaplan Pathways. 2021年8月30日閲覧。
  20. ^ 【イギリス留学】赤レンガ大学群とは?【前編】”. SI-UK: Move Forward. Be Great.. 2021年8月30日閲覧。
  21. ^ Hydrant (http://www.hydrant.co.uk), Site designed and built by (2013年7月30日). “Association of Commonwealth Universities (ACU)” (英語). The Commonwealth. 2021年9月3日閲覧。
  22. ^ ACU members”. www.acu.ac.uk. 2021年8月30日閲覧。
  23. ^ The Association of Commonwealth Universities | ACU”. www.acu.ac.uk. 2021年8月30日閲覧。
  24. ^ Hydrant (http://www.hydrant.co.uk), Site designed and built by (2013年7月30日). “Association of Commonwealth Universities (ACU)” (英語). The Commonwealth. 2021年8月30日閲覧。
  25. ^ Become a member | ACU”. www.acu.ac.uk. 2021年9月3日閲覧。
  26. ^ About the ACU”. www.acu.ac.uk. 2021年9月3日閲覧。
  27. ^ UCL (2006年8月4日). “Golden diamond shines at raking in research riches” (英語). UCL News. 2022年1月29日閲覧。
  28. ^ University of Manchester wins Gold Watermark to recognise excellence in public engagement” (英語). University of Manchester wins Gold Watermark to recognise excellence in public engagement. 2022年1月29日閲覧。
  29. ^ Our history and vision - Manchester Institute of Innovation Research - The University of Manchester”. www.mioir.manchester.ac.uk. 2022年1月29日閲覧。
  30. ^ Golden diamond outshines rest” (英語). Times Higher Education (THE) (2004年7月23日). 2022年1月29日閲覧。
  31. ^ Bell, Alex (2015年1月5日). “Opinion: University is one corner of a Brilliant Diamond, says Xiaobing Wang” (英語). Manchester Evening News. 2022年1月29日閲覧。
  32. ^ History of UMIST”. 2021年8月29日閲覧。
  33. ^ Alan Turing Scrapbook - Manchester Computers”. www.turing.org.uk. 2021年8月27日閲覧。
  34. ^ Manchester Mark I | computer” (英語). Encyclopedia Britannica. 2021年8月27日閲覧。
  35. ^ The University of Manchester”. upaa.jp. 2021年8月29日閲覧。
  36. ^ S.L.U, Course Guru. “All 7 Universities in Manchester | Rankings & Reviews 2021” (英語). LanguageCourse.Net. 2021年8月29日閲覧。
  37. ^ Subject Rankings 2020” (英語). Top Universities. 2021年8月29日閲覧。
  38. ^ The University of Manchester” (英語). Top Universities. 2021年9月7日閲覧。
  39. ^ The University of Manchester” (英語). Top Universities. 2021年9月7日閲覧。
  40. ^ Business Master's Rankings 2021” (英語). Top Universities. 2021年9月7日閲覧。
  41. ^ UK Business School Rankings & Accreditations | Alliance MBS”. www.alliancembs.manchester.ac.uk. 2021年9月7日閲覧。
  42. ^ REF 2014” (英語). The University of Manchester. 2021年8月27日閲覧。
  43. ^ REF 2014 results” (英語). The University of Manchester. 2021年8月27日閲覧。
  44. ^ Ernest Rutherford”. 2021年8月29日閲覧。
  45. ^ Computer Pioneers - Alan Mathison Turing”. history.computer.org. 2021年8月29日閲覧。
  46. ^ John Dalton” (英語). Science History Institute (2016年6月1日). 2021年8月27日閲覧。
  47. ^ Editors, Biography com. “John Dalton” (英語). Biography. 2021年8月27日閲覧。
  48. ^ John Dalton”. 2021年8月29日閲覧。
  49. ^ The Nobel Prize in Physics 1906” (英語). NobelPrize.org. 2021年8月29日閲覧。
  50. ^ The Nobel Prize in Physics 1922” (英語). NobelPrize.org. 2021年8月29日閲覧。
  51. ^ Niels Bohr | Biography, Education, Accomplishments, & Facts” (英語). Encyclopedia Britannica. 2021年8月27日閲覧。
  52. ^ August 2017, Elizabeth Palermo 29 (2017年8月29日). “Niels Bohr: Biography & Atomic Theory” (英語). livescience.com. 2021年8月27日閲覧。
  53. ^ The Nobel Prize in Physics 1935” (英語). NobelPrize.org. 2021年8月29日閲覧。
  54. ^ James Chadwick | Biography, Model, Discovery, Experiment, Neutron, & Facts” (英語). Encyclopedia Britannica. 2021年8月27日閲覧。
  55. ^ James Chadwick” (英語). Atomic Heritage Foundation. 2021年8月27日閲覧。
  56. ^ The Nobel Prize in Chemistry 1937” (英語). NobelPrize.org. 2021年8月27日閲覧。
  57. ^ Sir (Walter) Norman Haworth” (英語). www.chemistry.msu.edu. 2021年8月27日閲覧。
  58. ^ The Nobel Prize in Physics 1951” (英語). NobelPrize.org. 2021年8月29日閲覧。
  59. ^ Sir John Cockcroft”. www.ypsyork.org. 2021年8月27日閲覧。
  60. ^ Sir John Cockcroft: Nobel Prize winner... and averter of nuclear disaster?” (英語). Science and Engineering (2020年6月17日). 2021年8月27日閲覧。
  61. ^ ルーク (2021年6月6日). “マンチェスター大学の概要と留学方法を紹介” (日本語). SOLO IELTS TOEFL. 2021年8月27日閲覧。
  62. ^ (日本語) マンチェスター大学(Alliance Business School)MBA紹介, https://www.youtube.com/watch?v=4PazEAvW6XI 2021年9月2日閲覧。 
  63. ^ General entry requirements” (英語). The University of Manchester. 2021年8月27日閲覧。
  64. ^ 偏差値だけではない! オックスブリッジ学部入学に求められる「資質」(オックスブリッジ卒業生100人委員会) @gendai_biz”. 現代ビジネス. 2021年8月27日閲覧。
  65. ^ Undergraduate entry requirements | International” (英語). The University of Manchester. 2021年8月29日閲覧。
  66. ^ Find Your Dream University Course | NCUK Course Finder” (英語). NCUK. 2021年8月29日閲覧。
  67. ^ A Guide to the GCE A Level” (英語). WENR (2014年2月3日). 2021年8月29日閲覧。
  68. ^ Percentage equivalent for A-level requirements?”. The Student Room. 2021年8月29日閲覧。
  69. ^ Facts and figures” (英語). The University of Manchester. 2021年9月2日閲覧。
  70. ^ Ranking & Subjects”. www.umultirank.org. 2021年9月2日閲覧。
  71. ^ The University of Manchester” (英語). Top Universities. 2021年9月2日閲覧。
  72. ^ History and heritage - Jodrell Bank Centre for Astrophysics - The University of Manchester”. www.jodrellbank.manchester.ac.uk. 2021年8月27日閲覧。
  73. ^ マンチェスター大学 | beo | 留学一括サポート可能な留学コンシェルジュ” (日本語) (2020年4月11日). 2021年8月29日閲覧。
  74. ^ Libraries” (英語). The University of Manchester. 2021年8月30日閲覧。
  75. ^ 雅子, 小野. “マンチェスター 知と美の宝庫「ジョン・ライランズ図書館」 | イギリス” (日本語). トラベルjp 旅行ガイド. 2021年8月27日閲覧。
  76. ^ Plan of John Rylands Library, Manchester”. web.archive.org (2013年1月6日). 2021年9月3日閲覧。
  77. ^ 学校施設 / サービス|イギリス留学ならマンチェスター大学”. www.manchester.jp. 2021年8月29日閲覧。
  78. ^ History of the University of Manchester Institute of Science and Technology” (英語). The University of Manchester. 2021年9月2日閲覧。
  79. ^ History of the University of Manchester Institute of Science and Technology” (英語). The University of Manchester. 2022年1月30日閲覧。
  80. ^ History of the Victoria University of Manchester” (英語). The University of Manchester. 2021年9月2日閲覧。
  81. ^ Timeline”. timeline.manchester.ac.uk. 2021年9月2日閲覧。
  82. ^ a b History of the Victoria University of Manchester” (英語). The University of Manchester. 2022年1月30日閲覧。
  83. ^ History of the Victoria University of Manchester” (英語). The University of Manchester. 2022年1月30日閲覧。
  84. ^ a b Leeds, University of. “Heritage” (英語). www.leeds.ac.uk. 2022年1月30日閲覧。
  85. ^ a b History of the Victoria University of Manchester” (英語). The University of Manchester. 2022年1月30日閲覧。
  86. ^ マンチェスター大学 プログラム、コース、出願情報”. SI-UK: Move Forward. Be Great.. 2021年8月29日閲覧。
  87. ^ Courses | University of Manchester” (英語). Arcadia Abroad. 2021年9月2日閲覧。
  88. ^ Undergraduate courses” (英語). The University of Manchester. 2021年9月2日閲覧。
  89. ^ University of Manchester courses and application information” (英語). SI-UK: Move Forward. Be Great.. 2021年9月2日閲覧。
  90. ^ Faculties and Schools | Structure of The University of Manchester” (英語). The University of Manchester. 2021年9月7日閲覧。
  91. ^ Japan, NIC International College in. “マンチェスター大学-イギリスの大学への進学・留学” (日本語). NIC International College in Japan. 2021年8月29日閲覧。
  92. ^ Where do HE students study? | HESA”. www.hesa.ac.uk. 2021年8月29日閲覧。
  93. ^ Graduate Outcomes Data | HESA”. www.hesa.ac.uk. 2021年9月2日閲覧。
  94. ^ 10 of the Best UK Universities for Graduate Employability 2018” (英語). Top Universities. 2021年9月2日閲覧。
  95. ^ 10 of the Best UK Universities for Graduate Employability 2018” (英語). Top Universities. 2021年9月2日閲覧。
  96. ^ Times Higher Education (THE)”. www.timeshighereducation.com. 2021年9月2日閲覧。
  97. ^ Employability” (英語). The University of Manchester. 2021年9月2日閲覧。
  98. ^ Top Universities in the UK 2021” (英語). Top Universities. 2021年9月2日閲覧。
  99. ^ ルーク (2021年6月6日). “マンチェスター大学の概要と留学方法を紹介” (日本語). SOLO IELTS TOEFL. 2021年8月29日閲覧。
  100. ^ Fees for international students for The University of Manchester” (英語). The University of Manchester. 2021年8月29日閲覧。
  101. ^ Funding for international students at The University of Manchester” (英語). The University of Manchester. 2021年8月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯53度27分56秒 西経2度14分1秒 / 北緯53.46556度 西経2.23361度 / 53.46556; -2.23361

イスラエルでの研究