アレキサンダー・ウィリアムソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアムソン

人物[編集]

アレキサンダー・ウィリアム・ウィリアムソンAlexander William Williamson, 1824年5月1日 - 1904年5月6日)はイギリスロンドン出身の化学者

任意の非対称エーテルを合成することが可能な合成法であるウィリアムソン合成を発見したことで有名。その他にアルコールエーテルの性質を調べ、区別するなどの業績を残した。 レオポルド・グメリンユストゥス・フォン・リービッヒの元で研究を行った後、1849年にユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンにて教職に就き、1855年から1887年まで教授を務めた。

逸話[編集]

伊藤博文がイギリスに留学したときウィリアムソンの家に寄留していたという。

2013年7月2日、ブルックウッド墓地で、伊藤博文や井上馨ら長州五傑など、多くの日本人留学生を支えたウィリアムソン夫妻を称える顕彰碑の除幕式が、浄土真宗正行寺ロンドン道場Three Wheelsと日本大使館の協力のもとに行われ、安倍晋三内閣総理大臣からの同夫妻に対する感謝状が林景一駐英大使からUCLグラント学長に手渡された。[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]