遠藤謹助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
遠藤謹助

遠藤 謹助(えんどう きんすけ、天保7年2月15日1836年3月31日) - 明治26年(1893年9月13日)は、明治時代長州藩出身の官僚長州五傑の一人。

経歴[編集]

文久3年(1863年)、密かに英国井上馨山尾庸三伊藤博文井上勝の4人と共に留学し、慶応2年(1866年)に帰国。同年、英国公使ハリー・パークスはジョージ・キング提督に長州藩を訪問させる事とし、井上馨らは三田尻で出迎えて饗応し、翌日停泊する英国艦提督室で毛利敬親父子との会見が実現した。この時遠藤と井上が通訳をした。

明治維新後は、明治3年(1870年)から死去する26年(1893年)まで造幣局に務めた。明治7年(1874年)には指導責任者であるイギリス人のお雇い外国人トーマス・ウィリアム・キンドルと衝突し、造幣局を去るが、明治8年(1875年)1月にはオリエンタル・バンクと契約を解消し、キンドル他9人のお雇い外国人が解雇されると、再び造幣局に戻る。明治14年(1881年)には造幣局長となっている。

毎年4月中旬の1週間、局内の桜並木を一般公開する大阪造幣局「桜の通り抜け」は明治16年(1883年)に当時の局長だった遠藤の指示により始まり、現在も大阪の春の風物詩として継承されている。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第301号「叙任及辞令」1884年7月1日。

関連項目[編集]

  • 長州五傑 - 井上聞多(馨)、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤俊輔(博文)、野村弥吉(井上勝)の5名