ジョン・C・エックルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
John Eccles
ジョン・エックルス
Eccles lab.jpg
ジョン・C・エックルス(1963)
生誕 John Carew Eccles
(1903-01-27) 1903年1月27日
オーストラリアの旗 オーストラリア メルボルン
死没 (1997-05-02) 1997年5月2日(94歳没)
スイスの旗 スイス ティチーノ州
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
研究分野 神経科学
出身校 メルボルン大学
博士課程
指導教員
チャールズ・シェリントン
主な受賞歴 ロイヤル・メダル(1962)
ノーベル生理学・医学賞(1963)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1963年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:神経細胞膜の末梢および中枢部における興奮と抑制に関するイオン機構の発見

ジョン・カリュー・エックルスジョン・カルー・エクルズ、John Carew Eccles [- kəˈruː -]1903年1月27日 - 1997年5月2日)は、オーストラリアメルボルン生まれの神経生理学者。

来歴[編集]

メルボルン大学オックスフォード大学で学ぶ。オックスフォードではイギリスの生理学者、チャールズ・シェリントンと共に、研究に従事。1937年から1966年まで、オーストラリアとニュージーランドで研究と教育に従事する。第二次世界大戦後からオタゴ大学教授、1952年からオーストラリア国立大学教授を歴任。その後、アメリカのシカゴにある生物医学研究所に移り、研究を継続する。1968年にバッファローにあるニューヨーク州立大学に招かれる。

抑制性シナプス後電位(IPSP)の発見により、1962年にロイヤル・メダル1963年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

エックルスの研究室には伊藤正男も留学した。彼は、オーストラリア学士院会員で、イギリス王立科学院会員、国際科学アカデミー会員。1941年王立協会フェロー選出。

『自我と脳』[編集]

1977年には、カール・ポパーと『自我と脳』(The self and its brain),という本を一緒に書いて、世界的な話題となった。この中で彼は、精神をコントロールしているという二元論を唱えている。彼は物質世界と独立に精神世界が存在すると考え、従って脳にはそのコントロールに関わる接続部(連絡脳)があるはずだと主張したが、これに対しては批判が多い。

関連項目[編集]