モーリス・ウィルキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Maurice Wilkins
モーリス・ウィルキンス
Maurice H F Wilkins.jpg
生誕 Maurice Hugh Frederick Wilkins
(1916-12-15) 1916年12月15日
 ニュージーランド
死没 (2004-10-05) 2004年10月5日(87歳没)
イギリスの旗 イギリス ロンドン
国籍  ニュージーランド
イギリスの旗 イギリス
研究分野 分子生物学
研究機関 キングス・カレッジ・ロンドン
バーミンガム大学
カリフォルニア大学バークレー校
セント・アンドルーズ大学
出身校 バーミンガム大学
主な受賞歴 アルバート・ラスカー基礎医学研究賞(1960)
ノーベル生理学・医学賞(1962)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1962年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:核酸の分子構造および生体における情報伝達に対するその意義の発見

モーリス・ヒュー・フレデリック・ウィルキンス(Maurice Hugh Frederick Wilkins, 1916年12月15日 - 2004年10月5日)はイギリス生物物理学者。X線構造回折の分野で多くの業績を残した。

生涯[編集]

ウィルキンスはニュージーランドパンガロアで生まれ、6歳のときに家族とともにイギリスに引っ越す。ケンブリッジのセントジョンズ大学で物理学を専攻し、1940年にバーミンガム大学で博士号を得る。第二次世界大戦中にはカリフォルニア大学バークレー校マンハッタン計画に参加する。

戦後、核物理学から離れ、ロンドンのキングス・カレッジ・ロンドンで同僚のロザリンド・フランクリンらとともにX線回折によるDNAの構造研究を始めた。ケンブリッジ大学のキャベンディッシュにいたフランシス・クリックジェームズ・ワトソンは、ウィルキンスらのX線回折の写真を参考にして、DNAの二重螺旋構造を推定し、フランクリンを除き、1962年ノーベル生理学・医学賞を受賞することになる。X線回折写真の業績はフランクリンによるものが大きいが、彼女は1958年に死去している。

2004年に87歳で死去するまで、キングス・カレッジ・ロンドンの生物物理学教授をつとめ、染色体のDNAの存在様式を研究していた。

外部リンク[編集]