エール・サザランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Earl Wilbur Sutherland Jr.
エール・サザランドJr.
生誕 (1915-11-19) 1915年11月19日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カンザス州
死没 (1974-03-09) 1974年3月9日(満58歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州マイアミ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 ヴァンダービルト大学
ケース・ウェスタン・リザーブ大学
出身校 セントルイス・ワシントン大学
博士課程
指導学生
フェリド・ムラド
主な業績 アドレナリン, 環状アデノシン一リン酸
影響を
受けた人物
カール・コリ
ゲルティー・コリ
主な受賞歴 ガードナー国際賞(1989)
アルバート・ラスカー基礎医学研究賞(1970)
ノーベル生理学・医学賞(1971)
プロジェクト:人物伝
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1971年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:ホルモンの作用機作に関する発見(cAMPに関する研究)

エール・ウィルバー・サザランド・ジュニア(Earl Wilbur Sutherland Jr.、1915年11月19日 - 1974年3月9日)は、アメリカ合衆国生理学者カンザス州バーリンゲームにて生まれる。1971年、(cAMPの様な)セカンドメッセンジャーによる「ホルモンの作用機作に関する発見」により、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

生涯[編集]

1937年カンザス州トピカにあるウオッシュバン大学にて科学の学士号を受け取る。1942年ミズーリ州セントルイス・ワシントン大学メディカルスクールを卒業。第二次世界大戦中に医師を務めた後にセントルイス・ワシントン大学に戻り、カール・コリの研究室にて研究者を務める。1953年オハイオ州クリーブランドケース・ウェスタン・リザーブ大学医学部長となる。彼はここでcAMPを発見した。1963年、研究の義務を減らすためにナッシュビルヴァンダービルト大学にて生理学教授に就任し、1973年まで働いた。1966年にはアメリカ科学アカデミー会員に選ばれ、1974年、彼が死去したとき、マイアミ大学メディカルスクールの生化学の教授であった。

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]