ジョージ・エミール・パラーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョージ・エミール・パラーデ
George Emil Palade
人物情報
生誕 1912年11月19日
ルーマニアの旗 ルーマニア ヤシ
死没 2008年10月7日(95歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州デル・マー
市民権 ルーマニアの旗 ルーマニア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 ルーマニアの旗 ルーマニア
学問
研究分野 細胞生物学
研究機関 ロックフェラー大学
イェール大学
カリフォルニア大学サンディエゴ校
主な指導学生 ギュンター・ブローベル[1]
主な業績 リボソーム小胞体
主な受賞歴 アルバート・ラスカー基礎医学研究賞(1966)
ガードナー国際賞 (1967)
ルイザ・グロス・ホロウィッツ賞(1970)
ノーベル生理学・医学賞(1974)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1974年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:細胞の構造と機能に関する発見

ジョージ・エミール・パラーデ(George Emil Palade, 1912年11月19日 - 2008年10月8日)はルーマニアヤシ生まれのアメリカ人細胞生物学者。1974年に細胞の構造と機能に関する発見により、クリスチャン・ド・デューブアルベルト・クラウデとともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。

1940年にルーマニアのブカレスト大学医学部で医学博士号を取得し、ポスドク研究のため1945年にアメリカ合衆国に渡るまで、この大学に在籍した。アメリカでは彼はロックフェラー大学でアルベルト・クラウデらとともに研究を行った。パラーデは1952年にアメリカ合衆国に帰化し、1958年から73年までロックフェラー大学、1973年から1990年までイェール大学、1990年以降はカリフォルニア大学サンディエゴ校で教授を務めている。

ロックフェラー大学では、ミトコンドリア葉緑体ゴルジ体などの細胞内小器官を観察するのに電子顕微鏡を用いた。彼の最も重要な発見はリボソームに関するものである。彼の名前は、血管内皮細胞に特徴的に見られ、数種のタンパク質などからなるWeibel-Palade bodyに残っている。1984年王立協会外国人会員選出[2]

受賞歴[編集]

[編集]

  1. ^ "The Palade Symposium: Celebrating Cell Biology at Its Best"
  2. ^ Fellowship of the Royal Society 1660-2015