フランソワ・ジャコブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
François Jacob nobel.jpg
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1965年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:酵素とウイルスの合成の遺伝的制御の研究

フランソワ・ジャコブ(François Jacob, 1920年6月17日 - 2013年4月21日)はフランス医師病理学者遺伝学者ジャック・モノーとともに遺伝子発現調節を説明するオペロン説を提出し、これにより1965年ノーベル生理学医学賞を受賞した。

ユダヤ系家庭の一人息子としてナンシーに生まれた。神童として知られ、7歳でリセに入学した。その後医学を志してパリ大学医学部に入学した。第二次世界大戦ではイギリスに渡ってド・ゴール亡命政権に協力し、北アフリカ戦線で軍医として活動し重傷を負った。1947年に卒業したが、外科医を断念して研究生活に入り、アンドレ・ルヴォフ(のちにノーベル賞共同受賞)のもとで微生物学を研究した。さらにジャック・モノーとともに大腸菌の遺伝子発現調節の研究を進め、mRNAを介した遺伝情報の転移や、フィードバックによる発現調節(オペロン説)のモデルを提出し、分子遺伝学の基礎を築いた。またタンパク質アロステリック調節の研究も行った。1964年、コレージュ・ド・フランス教授に就任。

1996年、アカデミー・フランセーズ会員に選出された。


前任:
ジャン=ルイ・キュルティ
アカデミー・フランセーズ
席次38

第19代:1996年 - 2013年
後任:
-