分子遺伝学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

分子遺伝学(ぶんしいでんがく、英語:molecular genetics[1])は生物学の研究分野であるが、二つの異なる分野を指す。塩基配列の比較から生物の進化を議論する分野と、遺伝現象の仕組みを分子のレベルで理解しようとする分野である。

進化を扱う分子遺伝学[編集]

遺伝情報として生物が有するDNARNAは、の進化とともに変化する。この変化を観察することである生物種(やウイルス等の非生物も)がどのように分化したかを調べる。形態的な分類による古典的な分類学に対し、塩基配列や酵素多型と行った遺伝情報から分類する。

理論的な体系は、木村資生中立進化説により確立された。[2][3][4]現在でも中立説は遺伝子進化を解析する際に非常に重要な理論的基盤を提供している。

この分野は、分子進化学[5]あるいは分子系統学系統学の一分野として)、[6][7]分子分類学(分類学の一分野として)[8][9][10]などとも呼ばれる。

遺伝現象を分子レベルで扱う分子遺伝学[編集]

遺伝情報を記述する遺伝子の化学的本体がDNAであり、その塩基配列によって蛋白質の構造が記述されていることが明らかとなっている今日では、遺伝学分子生物学、あるいは遺伝子工学において用いられる基本的かつ重要な手法となっている。[11]

脚注[編集]

  1. ^ Carroll, S. B., Grenier, J. K., & Weatherbee, S. D. (2013). From DNA to diversity: molecular genetics and the evolution of animal design. John Wiley & Sons.
  2. ^ 太田朋子. (2009). 分子進化のほぼ中立説 偶然と淘汰の進化モデル. 講談社.
  3. ^ 木村資生 (1986). 分子進化の中立説. 紀伊国屋.
  4. ^ 高畑尚之 (2003). 分子進化の中立説と集団遺伝学 (数学者のための分子生物学入門, 研究会報告).
  5. ^ 木村資生. (1984). 分子進化学入門. 培風館.
  6. ^ Yang, Z., & Rannala, B. (2012). Molecular phylogenetics: principles and practice. Nature reviews genetics, 13(5), 303-314.
  7. ^ Whelan, S., Liò, P., & Goldman, N. (2001). Molecular phylogenetics: state-of-the-art methods for looking into the past. TRENDS in Genetics, 17(5), 262-272.
  8. ^ 尾本惠市. (1996). 分子人類学と日本人の起源. 裳華房.
  9. ^ 長谷川政美. (1984). DNA からみた人類の起原と進化: 分子人類学序說. 海鳴社.
  10. ^ Stoneking, M. (2016). An introduction to molecular anthropology. John Wiley & Sons.
  11. ^ 鈴木健一朗, 平石明, & 横田明 (Eds.). (2001). 微生物の分類・同定実験法: 分子遺伝学・分子生物学的手法を中心に. Springer Science & Business Media.

関連項目[編集]