分子進化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

分子進化(ぶんししんか、:Molecular evolution)とは、世代を経るレベルの長期間における、DNARNA、およびタンパク質といった細胞分子の配列構成の変化である。進化生物学集団遺伝学の原理にしたがって、分子や細胞レベルでの生物の変化を解釈しようとする。

分子進化の主要トピックは、一塩基多型の生じやすさ(進化速度)やその影響効果、中立進化 vs. 自然選択、新しい遺伝子の起源、複雑な形質の遺伝的特徴、種分化の遺伝的基盤、発生過程の進化、およびゲノムや表現型を変化させる進化的な力である。

参考文献[編集]

  • 宮田 隆, 分子進化―解析の技法とその応用, 共立出版, ISBN 9784320054875 

関連項目[編集]