分子人類学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

分子人類学(ぶんしじんるいがく、molecular anthropology)[1]とは人類学の一分野。分子生物学を人類研究に応用して、ヒト集団の遺伝的系譜やその多様性、疾患との関連性を議論する場合が多い。広義の自然人類学に含めることがあるが、形質人類学には包含されない。

対象とする遺伝子はヒトのY染色体ミトコンドリアDNA常染色体さらにはヒトに感染するウイルス細菌まで多岐にわたる。ウイルス学免疫学とかかわりが深く、日本人の起源の解明も盛んに行われている。

用いられる主な指標[編集]

日本の分子人類学者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 尾本惠市(1996)『分子人類学と日本人の起源』裳華房